flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ダメプリ ANIME CARAVAN 第7話「裸一貫 × 温泉郷」

脚本:清水恵 絵コンテ:星野真 演出:嵯峨敏 作画監督:佐藤千春(スタジオZ)、染谷友梨花、大川美穂子、杉田葉子、松崎嘉克、渡辺健一

【概要】

セレンファーレンへの表敬訪問で温泉地のアッターミにやってきたアニたち。さっそく露天風呂を楽しむが、騒がしい男湯にグリまるの攻撃がさく裂、ナレクたちは素っ裸で海岸に放り出されてしまう。めいめいに温泉街を通って戻ろうとする男性陣は……。

【感想】

ダメ王子たちのストリーキングというぶっ飛んだエピソードだったが、アニが蚊帳の外だったせいか、弾けそうで弾けてくれないまま。今回はヴィーノとのコンビで意外なたくましさを見せるメアなど楽しみどころはあったのだけど。こういうノリから距離を置きそうなクロムを結節としてシリアスにつなげるラストはうまい。

citrus 第七話「love or lie!」

脚本:ハヤシナオキ 絵コンテ:迫井政行 演出:相浦和也、龍輪直征 作画監督:熊谷香代子、田守優希、鷲田敏弥、大橋勇吾、門智昭、成松義人

【概要】

試験で100位以内に入るために芽衣から勉強を教えてもらう柚子。ところが、芽衣からのアプローチが頭から離れない柚子は集中できないまま。そんな時、はるみとゲームセンターで遊んでいた柚子は、幼なじみの水沢まつりと再会する。柚子からいかがわしいバイトについてとがめられたまつりは……。

【感想】

まつりを説教する柚子を見ていて、芽衣との出会いでそうなったわけではなく、彼女がずっと以前から持ち合わせていた生真面目さに思えた。それは、困った人を放っておけない真っすぐさが強調されたこれまでのエピソードからうかがえる。したがって、嵐のように現れたまつりの分は悪いと予想するが、厳しさの中にもろさを併せ持つ芽衣の真価を問う試金石とも解釈できそう。早々にまつりの本質を見破ったはるみの頼もしさが危うげなドラマを引き締めてくれる。

学園ベビーシッターズ 第7話「その7」

脚本:柿原優子 絵コンテ:大宙征基 演出:高橋謙仁 作画監督松本健太郎、鈴木信一

【概要】

牛丸が気にする竜一のことを話題にするクラスの女子たち。たまたまその話を聞いてしまった猪又は、竜一への感情にいらだつ。そこに奇凛が遊びにやってきて……。狸塚双子の数馬が風邪をひいて休んでしまい、保育ルームで気丈に振る舞う拓馬だったが……。

【感想】

女子たちの噂話を起点に心乱れた猪又に女の子である奇凛を投入するパターンが粋だった。保育ルームで子供たちに受け入れられたからこそ、笑顔など見せなくとも猪又のポジティブな機微が伝わってくる。おそらくは保育ルームに入ったことのない牛丸にはないアドバンテージは、不器用な猪又への優しさに感じられた。狸塚双子のエピソード、いつもは対照的な拓馬と数馬が逆転していたオチがほほえましく、表層にとどまらない二人の関係性を想像させてくれる。

サンリオ男子 第7話「ミラクルなホリデー」

脚本:あおしまたかし 絵コンテ:工藤昌史 演出:清水明 作画監督:野上慎也、桝井一平、木村なつき

【概要】

諒と誠一郎を加えて5人そろったサンリオ男子たち。いつしか康太はクラスメイトにサンリオ好きを隠さないようになっていた。5人は誠一郎の提案で親睦を深めるためにピューロランドへやってくる。

【感想】

互いのサンリオ好きを確認する地固め的な交流が、5人の新たなステップを予感させる。ミラクルギフトパレードのストーリーは、まさに康太が経験して変化をもたらしてくれたもの。だからこそ、やりたいことを見つけた流れにうなずく。まとめ役の誠一郎による康太への感謝のセリフが象徴的。

ゆるキャン△ 第7話「湖畔の夜とキャンプの人々」

脚本:田中仁 絵コンテ・演出:山崎雄太 作画監督大島美和、堤谷典子、星野守、佐々木睦

【概要】

四尾連湖のキャンプ場に到着したなでしことリン。さっそくテントの設営を済ませ、なでしこは写真撮影に、リンは手持ちのグリルで火おこしを始める。おとなりのキャンパーとひとときの交流をしたなでしこが戻ってくると、着火剤を切らせてしまったリンが困り果てていた。

【感想】

ベテランと思いきやキャンパーとしてまだまだ抜けたところのあるリン、ビギナーと思えないほど頼れるなでしこ。四尾連湖に伝わる怪現象をめぐる逆転のオチがきれいに決まっていた。ベテランキャンパーとの食材の交換など、隔離されたキャンプサイトにおける助け合いがどこまでも心地よく温かく癒される。

ラーメン大好き小泉さん 第7話「全国」

脚本:髙橋龍也 絵コンテ:田所修 演出:村田尚樹 作画監督:山村俊了、服部益実、髙橋成之、小橋陽介、一ノ瀬結梨、大庭小枝

【概要】

待ちに待った夏休み。美沙と潤と旅行に行こうと盛り上がる悠は、いつものように小泉さんを誘うが、いつものようにけんもほろろ。何でも初日から旅行に行くのだという。仕方なく浅草で遊ぶ悠たち三人のまわりに小泉さんらしき人影が……。

【感想】

地元に居ながらにして全国のラーメン食べ歩きができる東京の立地がうらやましい。アバンの旅行に始まりビルからの夜景そして花火と悠の妄想が巧みに使われていて、視聴者目線での願望に一致してくれる。悠の豚骨ラーメン好きを大切にしているところもポイント高い。

刀使ノ巫女 第7話「心の疼き」

脚本:あおしまたかし 絵コンテ:山川吉樹 演出:工藤寛顕 作画監督:小島えり

【概要】

潜水艦で可奈美たちを迎えた人物、ファインマンことリチャード・フリードマンはエレンの祖父だった。フリードマンによるとある人物と協力して折神紫への反攻を準備していたのだという。そのころ、雪那からノロの施術を受けそうになった沙耶香は反射的に飛び出してしまう。沙耶香が頼ってきた人物は舞衣だった。

【感想】

沙耶香を守ろうとする舞衣の優しさに可奈美との別れが重なって泣けてくる。雪那の道具という呪縛から必死に逃れた沙耶香の頑張りも。そこから可奈美との再会まではひと山ふた山あってもよかったが、初回から舞衣に肩入れして見てきた自分としては待望のシーンだった。折神紫をめぐっての姫和と沙耶香のポジションが対照的なので、舞草で引き合わせることになった可奈美と舞衣という構図がぴたりと決まる。

魔法使いの嫁 #19「Any port in a storm.」

脚本:高羽彩 コンテ:なかむらたかし 演出:左藤洋二、平向智子 作画監督:西畑あゆみ、髙部光章、長谷川早紀、立川聖治、横田匡史、手塚響平、南東寿幸、湯本佳典、伊藤香奈、井川麗奈

【概要】

チセはロンドンの雑踏でカルタフィルスと会う夢を見る。目を覚ますと、レンフレッド、アリス、そしてカレッジのメンバーであるアドルフ・ストラウドとトーリー・イニスがエリアスを訪問していた。竜の国から密猟されたドラゴン二頭の救出に協力してほしいのだという。難色を示したエリアスを説得したチセは、女性に変装したエリアスたちとオークション現場に潜入する。

【感想】

かつて自身がかけられたオークション会場に戻ってくるシチュエーションに、エリアスとの出会いをきっかけに得られたチセの経験や成長が力強く伝わってきた。セス・ノエルによる変わらぬ頑固さというチセ評が頼もしく安心させてくれる。自らを売ったチセと望まざるして売られたドラゴンというコントラストに、リンデルそしてネヴィンから受け取った魔法使いとしての意思がにじむ。エリアスが気づいていない(かもしれない)チセのパッションは忌まわしいカルタフィルスすらも飲み込んでしまいそうである。

刻刻 㐧漆刻

脚本:猪爪慎一 絵コンテ:三條なみみ 演出:鳥羽聡 作画監督:大西秀明、飯飼一幸、日向正樹

【概要】

樹里とじいさんの協力によってカヌリニとなった家族との再会を果たした間島。佑河家の宿命と向き合うことを決心した樹里たちは、間島と迫を味方につけ石を破壊すべく動き出す。そのころ、真純実愛会では佐河の変節についていけなくなった信者たちが石を手に入れるが……。

【感想】

樹里と間島の因縁にかたがついた代わりに、佑河と佐河の因縁が新たな縦軸となる。止界を信仰してきた真純実愛会を苗床とした佐河の野望、宿命から目を背けてきたとされる佑河家の責任。ミニマルな世界だからこそ芋づる式に物語が連なっていく緊張感がたまらない。

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第6話「ダーリン・イン・ザ・フランクス」

脚本:林直孝 絵コンテ:雨宮哲 アクションパート絵コンテ:今石洋之 演出:宮島善博 作画監督:米山舞、杉本ミッシェル

【概要】

キッシングをした13都市と26都市に超大型1体を含む叫竜の大軍が押し寄せてきた。26部隊のバックアップを任された13部隊は苦戦を強いられる。不利な戦況をみて前線に出てきたストレリチアは、13部隊のバックアップのもと超大型グーテンベルク級のコアを狙おうとするが……。

【感想】

OP抜きで全面展開するアクション作画のテンションは高い。しかしながら、追い詰められたストレリチアでヒロが覚醒するパターンは、壮絶なシチュエーションの割にカタルシスを欠いた。悲惨な境遇を自身の居場所に変換した精神力、ゼロツーへの感情がそうさせているのは分かっているつもりだけど、どこか抜け穴がほしいと思ってしまう。だからこそ、ヒロとイチゴのために粉骨砕身するゴローに打たれるものがあった。