flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)ヒナまつり 第一話「超能力少女現る!」

原作漫画未読。

スタッフ

原作:大武政夫KADOKAWA刊) 監督:及川啓 シリーズ構成・脚本:大知慶一郎 助監督:松原桂 キャラクターデザイン:神本兼利 小物設定:竹内哲也、重本和佳子 メインアニメーター:竹内哲也、荒木涼、桝田邦彰、徳田賢朗 美術監督吉原俊一郎、桐本裕美子 美術設定;青木薫 色彩設計:岩井田洋 撮影監督:中村雄太 3D監督:佐藤美歩 編集:平木大輔 音響監督:本山哲 音楽:三澤康広 音楽プロデューサー:植村俊一 音楽制作:日本コロムビア アニメーションプロデューサー:上坂陽一郎 アニメーション制作:feel.

キャスト

ヒナ:田中貴子 新田義史:中島ヨシキ アンズ:村川梨衣 三嶋瞳:本渡楓 詩子:日笠陽子 マオ:小澤亜李 若頭:小山剛志 サブ:河西健吾

 

脚本:大知慶一郎 絵コンテ:及川啓 演出:平井義道 作画監督:神本兼利

【概要】

芦川組の組員である新田義史のマンションにカプセルに包まれた少女が出現した。新田は、ヒナというその少女が駆使する念動力に手を焼き、しかたなく面倒を見ることになる。ヒナのわがままに振り回されつつもその能力を利用することを思いついた新田は、組の若頭の怒りを買ってしまい……。

【感想】

いわゆる落ちモノの典型的なパターンながら、相方が大人の新田であることで、ひと味もふた味も異なる印象になっていた。異世界で道具として利用されてきたヒナの苦悩を見抜いての新田の優しさ、自らの意思でそれに応えようとしたヒナの健気さ。周囲の人間をお世話係にしてしまうヒナのありように、異世界における過酷さがイメージされてくる。ヒナのわがままが不快に感じられないのは、互いの信頼を勝ち取っての新田とのパートナーシップゆえ。

(新)銀河英雄伝説 Die Neue These 第一話「永遠の夜の中で」

原作小説未読。旧アニメ版未視聴。

原作:田中芳樹東京創元社 刊) 監督:多田俊介 シリーズ構成:高木登 助監督:森山悠二郎 キャラクターデザイン:菊地洋子、寺岡巌、津島桂 総作画監督後藤隆幸菊地洋子 特技監督竹内敦志 プロップデザイン:太田恵子 プロップ・紋章デザイン:秋篠Denforword日和 メカデザイン:竹内敦志、臼井伸二、常木志伸 オリジナルメカデザイン:加藤直之 設定協力:白土晴一 設定考証:小倉信也 美術:BamBoo 美術監督:竹田悠介 美術ボード:西野隆世、山田那央子 美術設定:塩澤良憲、曽野由大、藤井一志 美術デザイン:渡部隆 色彩設計:竹田由香 撮影監督:荒井栄児 モーショングラフィック:青木隆、大城丈宗 特殊効果:イノイエシン 3D:I.G 3D 3D監督:森本シグマ ルックデヴ&VFXアーティスト:荒幡和也 3DジェネラリストTD:高賀茂寛人 リードモデラ―:塚本倫基(サブリメイション) 茂呂成人、湯原正巳 CGIプロデューサー:田中宏侍 編集:植松淳一 音響監督:三間雅文 音響効果:倉橋静男 音楽:橋本しん(Sin) 音楽制作:ROOFTOP ゼネラルアニメーションプロデューサー:黒木類 アニメーションプロデューサー:礒部真彩 アニメーション制作:PRODUCTION I.G

キャスト

ラインハルト・フォン・ローエングラム宮野真守 ヤン・ウェンリー鈴村健一 ジークフリード・キルヒアイス梅原裕一郎 ユリアン・ミンツ:梶裕貴 パウル・フォン・オーベルシュタイン:諏訪部順一 ウォルフガング・ミッターマイヤー:小野大輔 オスカー・フォン・ロイエンタール中村悠一 アレックス・キャゼルヌ:川島得愛 フレデリカ・グリーンヒル遠藤綾 ワルター・フォン・シェーンコップ:三木眞一郎 ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ:石塚運昇 シュターデン:水内清光 フォーゲル:藤原貴弘 エルラッハ:楠見尚己 アーダルベルト・フォン・ファーレンハイト竹内良太 パエッタ:ふくまつ進紗 パストーレ目黒光祐 ムーア:櫻井トオル ラオ:畠中祐 ジャン・ロベール・ラップ:小野友樹 ナレーション:下山吉光

 

脚本:高木登 絵コンテ・演出:多田俊介 メカアクションコンテ:寺岡巌 作画監督:石井明治、後藤隆幸

【概要】

宇宙暦796年。ゴールデンバウム朝銀河帝国と自由惑星同盟フェザーン自治領は三すくみの状態にあった。上級大将ラインハルト・フォン・ローエングラムの率いる帝国艦隊は、およそ倍の戦力である同盟艦隊との交戦に挑む。分散された同盟の第四艦隊と第六艦隊そして第二艦隊を個別撃破するラインハルトの作戦は成功したかに思われたが……。

【感想】

ほぼ全編にわたって展開される艦船バトルを堪能した。兵器描写については砲撃がメインなのでキャッチーさが足りないように感じられたが、そこは駆け引きで補ってくれることを期待したい。帝国側とこの初回ではやられ役だった同盟側いずれにも軸足がありそうで、一方的な戦いばかりを見せられるストレスがなさそうなのは好材料

(新)ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン #1「スクワッド・ジャム」

原作ライトノベル未読。

スタッフ

原作:時雨沢恵一電撃文庫) 原作イラスト・キャラクターデザイン原案:黒星紅白 監修:川原礫 監督:迫井政行 シリーズ構成・脚本:黒田洋介 キャラクターデザイン・総作画監督:小堺能夫 サブキャラクターデザイン・総作画監督:秋谷有紀恵、鶴窪久子 メカニックデザイン:石口十 美術監督:根本邦明(草薙) 美術設定:成田偉保(草薙) 色彩設計:手嶋明美(Wish) 撮影監督:染谷和正(T2studio) HOA:トライスラッシュ グラフィックアート:荒木宏文 3Dディレクター:中島竜生 編集:定松剛 音楽:Starving Trancer 音響監督:明田川仁 音楽プロデューサー:山内真治 音楽制作:アニプレックス アニメーション制作 - Studio 3Hz

キャスト

レン:楠木ともり ピトフーイ:日笠陽子 エム:興津和幸 フカ次郎:赤﨑千夏

 

脚本:黒田洋介 絵コンテ:迫井政行 演出:間島崇寛 作画監督:金丸綾子、杉田まるみ

【概要】

SAOのデスゲーム事件をへて安全なVRゲームが普及した世界。銃器を用いたVRゲーム「ガンゲイル・オンライン(GGO)」で、「スクワッド・ジャム」と呼ばれる23チーム対抗のバトルロイヤル戦が開催される。小柄な女性プレイヤーのレンは大柄な男性プレイヤーのエムとのコンビ「LM」としてエントリーする。

【感想】

アバンのナレーションを額面どおりに受け取ると、デスゲームの緊張感を排除して、純粋にゲームとしての駆け引きを楽しむことになる。レンの敏捷さを生かしたスクワッド・ジャムにおける勝利は、まだまだあいさつがわりといったところか。現実世界でのプロの戦闘集団を圧倒したレン=小比類巻香蓮の素性が気になる。

(新)魔法少女サイト 第1話「魔法少女サイト」

原作漫画未読。

スタッフ

原作:佐藤健太郎秋田書店週刊少年チャンピオン」連載) 監督:松林唯人 シリーズ構成:伊神貴世 キャラクターデザイン:渋谷秀 サイト管理人キャラクターデザイン:岩永悦宣 サブキャラクターデザイン:久留米東 プロップデザイン:小澤円 美術監督:秋葉みのる(スタジオじゃっく) 色彩設計:のぼりはるこ(緋和) 撮影監督・3Dディレクター:山根裕二郎(いなほ) 編集:岡祐司 音響監督:納谷僚介 音響制作:スタジオマウス 音楽:井内啓二 音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ アニメーションプロデューサー:川人憲治郎 アニメーション制作:production dóA

キャスト

朝霧彩:大野柚布子 奴村露乃:茜屋日海夏 穴沢虹海:芹澤優 潮井梨ナ:鈴木愛奈 雫芽さりな:山崎はるか 雨谷小雨:原由実 燐賀紗雪:M・A・O 泉ヶ峰みかり:本渡楓 水蓮寺清春松井恵理子 滝口あさひ:Lynn 朝霧要:岡本信彦 美炭貴一郎:鈴木達央 サイト管理人 漆:中尾隆聖 サイト管理人 捌(おかめ):キズナアイ サイト管理人 弐(ひょっとこ):悠木碧 直戸圭介:安里勇哉

 

脚本:伊神貴世 絵コンテ・演出:松林唯人 作画監督:小澤円、本田創一、藤木泰史 

【概要】

中学2年の朝霧彩は、学校では雫芽さりなのグループから過酷ないじめを受け、家では表向き優等生である兄の要に虐待されていた。死にたいと思いつつ死ぬことができない彩のよりどころは一匹の野良猫だけ。パソコンに表示された怪しげなサイトを見かけるのだった。

【感想】

主人公まわりの描写が直截的すぎるのは、いじめや虐待に耐え忍ぶ姿が本題ではないからと考える。彩の性格からして単純明快な復讐ものになりそうにないので、望まぬ能力を与えられ苦悩する心優しき主人公、という定番以上のものを期待してしまう。アバンの描写からすると能力を人助けに使うパターンになるのかもしれない。いずれにせよ、魔法少女たちの血の涙にふさわしいプラスアルファを望みたい。いまの自分にはつらいと思いながらの視聴だったが、とりあえずは次回以降を見届けてみたくなった。

(新)Lostorage conflated WIXOSS 第1話「予兆/夜明けと未明」

テレビシリーズ第1期~第3期視聴済。OVAは未視聴。

スタッフ

原作:LRIG 監督:吉田りさこ シリーズ構成:土屋理敬 キャラクター原案:さらちよみ、Hitoto*、坂井久太、鈴木マナツ アニメーションキャラクターデザイン:佐藤嵩光 ルリグデザイン:萩原弘光、鈴木彩乃 プロップデザイン:山口杏奈 美術監督:柳原拓巳 色彩設計:日野亜朱佳 撮影監督:福世晋吾 編集:須藤瞳(Real-T) 音響監督:岩浪美和 音響効果:小山恭正 録音調整:山口貴之 音楽:井内舞子 音楽プロデューサー:土肥範子 アニメーション制作プロデューサー:岡田耕二 アニメーション制作:J.C.STAFF

キャスト

水嶋清衣:大西沙織 穂村すず子:橋本ちなみ 小湊るう子:加隈亜衣 坂口歩美・橋本アミカ:大和田仁美 森川千夏:井口裕香 御影はんな:久保ユリカ ピルルク:篠田みなみ リル:伊藤静 メル:金元寿子 ナナシ:井澤詩織 紅林遊月:佐倉綾音 植村一衣:茅野愛衣 蒼井晶:赤﨑千夏 タマ:久野美咲 花代:川澄綾子 緑子:高橋未奈美 ミルルン:日高里菜 里見紅:中村悠一 かえで:近藤玲奈 カーニバル:阿澄佳奈 レイラ:鬼頭明里 リメンバ:葵井歌菜 繭:種田梨沙

 

脚本:土屋理敬 コンテ・演出:吉田りさこ 作画監督:佐藤嵩光、大木良一、村上雄、佐野はるか、加藤愛、手島勇人、櫻井司、岩崎亮

【概要】

平穏な生活を取り戻した穂村すず子の前に水嶋清衣が現れた。里見紅の肉体に乗り移ったカーニバルのたくらみを阻止したいのだという。御影はんなを加えた3人は、白井翔平として生活するドーナに会いに行く。すず子と森川千夏のことを案じる翔平は、里見の案件から手を引くように忠告するが……。

【感想】

水嶋清衣を主人公にしての能動的なな導入部が、巻き込まれ型だったこれまでと対照的で引き込まれた。清衣を結節としてのすず子とるう子のコントラストなど、興味をひかれる要素には事欠かない。この初回では前シリーズからの流れか、すず子が主人公的な印象だったので、重心が清衣に移ってからの展開を待ちたい。

(新)重神機パンドーラ Mission 01「進化する破壊者」

スタッフ

原作:河森正治・サテライト 総監督:河森正治 監督:佐藤英一 シリーズ構成:根元歳三 キャラクター原案:江端里沙 キャラクターデザイン:安彦英二 重神機デザイン:河森正治 B.R.A.Iデザイン:宮崎真一 デザインワークス:石川寛貢 色彩設計:林可奈子 美術監督:伊藤聖(STUDIO ARA) 美術設定:青木智由紀、森岡賢一 撮影監督:久保田淳 撮影:サテライト デジタル部 編集:兼重涼子 CGディレクター:後藤浩幸 CGスーパーバイザー:原田丈 CGプロデューサー:青谷崇司 重神機モデリング:小川朗広(unknownCASE)、渡邉健人、忽帥 モニターグラフィックス:影山慈郎(T2studio)  劇中音楽・挿入歌プロデュース:佐々木史朗 音楽:得田真裕、眞鍋昭大 音楽制作:フライングドッグ、ワンミュージック 音響監督:濱野高年 音響効果:中島勝大 音響制作:マジックカプセル アニメーション制作統括:金子文雄 アニメーションプロデューサー:八田正宣、篠笥和也 アニメーション制作:サテライト

キャスト

レオン・ラウ:前野智昭 クイニ―・ヨウ              花澤香菜 ダグ・ホーバット:津田健次郎 クロエ・ラウ:東山奈央 グレン・ディン:内田雄馬 ケイン・イブラヒーム・ハサン:石塚運昇 ジェイ・ユン:梅原裕一郎 セシル・スー:茅野愛衣 MR.ゴールド:檜山修之 ジーク:中村悠一 ワン:近藤孝行 フォー:石川界人 ???:瀬戸麻沙美 ???:能登麻美子 ロン・ウー:石田彰

 

脚本:根元歳三 絵コンテ:河森正治佐藤英一 演出:佐藤英一 作画監督:安彦英二、小森秀人、清水貴子

【概要】

量子リアクターの暴走によって出現したB.R.A.I(ブライ)と呼ばれる特異進化生物に人類がおびやかされる世界。バラックで妹のクロエと2人で暮らすレオン・ラウは、量子リアクターの研究を続けていた。襲ってきた甲殻類型のB.R.A.Iからクロエを守るため、レオンは未知の力を目覚めさせる。

【感想】

おなじみ河森テイストふんだんな世界観にきらびやかな中華世界がよく合っている。マッドサイエンティストな脱力主人公であるレオンのキャラクターが興味深いので、しばらく視聴を続けてみようかと。CGを駆使しためまぐるしい戦闘描写にカタルシスを感じられるようになれば。

(新)こみっくがーるず 第1話「アンケート ビリですか!?」

原作漫画未読。

スタッフ

原作:はんざわかおり芳文社まんがタイムきららMAX」連載) 監督:徳本善信 シリーズ構成:高橋ナツコ 脚本:待田堂子横手美智子花田十輝 キャラクターデザイン・総作画監督:齊藤佳子 助監督・プロップデザイン:中西和也 美術監督:田尻健一 色彩設計田中直人 撮影監督:廣岡岳 編集:坪根健太郎 音響監督:明田川仁 音楽:末廣健一郎 音楽プロデューサー:岡田こずえ 音楽制作:アーティスト・マネージメント・オフィス アニメーションプロデューサー:中村浩士 アニメーション制作:Nexus

キャスト

萌田薫子:赤尾ひかる 恋塚小夢:本渡楓 色川琉姫:大西沙織 勝木翼:高橋李依 花園莉々香:遠藤綾 編沢まゆ:津田美波 虹野美晴:七瀬彩夏 怖浦すず:上田麗奈

 

脚本:高橋ナツコ 絵コンテ・演出:徳本善信 作画監督野田康行

【概要】

四コマ漫画家の萌田薫子(かおす)は、掲載された作品のアンケート結果がビリであったことに落ち込む。心配した担当の編沢まゆにすすめられ、漫画家が集まる女子寮に入居することになる。

【感想】

主人公のキャラづけがトゥーマッチなところはあるけれど、レギュラー4人の属性と作風のミスマッチがキャッチーで、いきなりの共同作業に入りやすかった。寮生活というシチュエーションにそれぞれの見せ場を描くことで、主人公の成長を見せてくれることを期待。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第13話「自動手記人形と「愛してる」」(終)

脚本:吉田玲子    絵コンテ:石立太一 演出:石立太一、藤田春香 作画監督:角田有希、丸子達就、門脇未来、丸木宣明

【概要】

特使と自動手記人形を乗せた列車には爆弾が仕掛けられていた。ヴァイオレットはディートフリートと手分けして爆発を阻止しようとする。後日、事件を防いだヴァイオレットのもとにディートフリートが訪れる。ブーゲンビリア夫人との会話で自身の気持ちに気づき始めたヴァイオレットは、ギルベルトに向けた手紙を書くのだった。

【感想】

ベネディクトも飛び入りしての爆弾除去シークエンス、ヴァイオレットの願いがディートフリートに伝わるステップとして理解しつつも、最後まで違和感がつきまとった。爆発を防ぐにしてももう少し地味めの動きのほうが、軍から離れてしまった今のヴァイオレットにふさわしかったのではと。もっとも、これまでの自動手記人形としての経験を思い起こさせるエピローグには、ギルベルトの祈りが重なってグッとくるものがあった。エリカの片思いはむろんのこと、スミレの花をバックにした星空にはお気に入りエピソードである第6話がよみがえってきたし、それらすべてを包み込むようなブーゲンビリア夫人からのメッセージが染み入ってくる。「命令」を必要としなくなったヴァイオレットの控えめな笑顔が誇らしく。

(新)多田くんは恋をしない #1「ほっとけないだろ」

スタッフ

原作:羽矢浪好貴 監督:山﨑みつえ シリーズ構成:中村能子 キャラクターデザイン・総作画監督谷口淳一郎 副監督:藤原佳幸 サブキャラクターデザイン:菊池愛 プロップデザイン:中島千明 美術監督:中村千恵子 色彩設計:石黒けい、伊藤裕香 撮影監督:伊藤邦彦 編集:武宮むつみ 音響監督:土屋雅紀 音響効果:白石唯果 キャスティングマネージャー:谷村誠 音楽プロデューサー:若林豪 音楽:橋本由香利 音楽制作:KADOKAWA アニメーション制作:動画工房

キャスト

多田光良:中村悠一 テレサワーグナー石見舞菜香 伊集院薫:宮野真守 アレクサンドラ・マルグリット:下地紫野 杉本一:梅原裕一郎 長谷川日向子:石上静香 山下研太郎:下野紘 多田ゆい:水瀬いのり

  

脚本:中村能子 絵コンテ・演出:山崎みつえ 作画監督:山野雅明、瀧原美樹、工藤裕加。菊池愛、板倉健

【概要】

桜の写真を撮りに来ていた多田光良は、偶然ファインダーの中に金髪の少女を捉える。頼まれたスナップ写真を撮ってあげた光良は、別れた後に雨のなかでびしょ濡れだった彼女と再会する。腹をすかせた彼女、テレサワーグナーを見かねた光良は、実家である珈琲店に連れて行く。

【感想】

ローマの休日』のオマージュ的ともいえる古典的な主人公ふたりの出会いがかえって新鮮に映った。日本の時代劇好きなテレサのキャラクターなどフックはあるものの、強烈にひかれる要素はまだ見当たらない。オリジナルの純愛ものということで期待してしまうが、苦手なラブコメクリシェがちらつくところは気がかり。レギュラー陣の描写がひととおり済むまで保留としたい。

(新)東京喰種トーキョーグール:re 第1話「狩る者たち START」

原作漫画未読。テレビシリーズ第1期ならびに第2期は視聴済。

スタッフ

原作:石田スイ集英社週刊ヤングジャンプ」連載) 監督:渡部穏寛 シリーズ構成・脚本:御笠ノ忠次 キャラクターデザイン・総作画監督中嶋敦子 サブキャラクターデザイン:烏宏明 総作画監督:烏宏明、りんしん、工藤裕加 プロップデザイン:岩永悦宜、久我嘉輝 メインアニメーター:横井秀章 美術監督:緒続学 美術設定:綱頭瑛子 3D美術設定:相原誠、品田理沙 色彩設計:西栄子 撮影監督:和田尚之 CG監督:藤谷秀法 音響監督:原口昇 音楽:やまだ豊 音楽制作:マーベラス アニメーションプロデューサー:熊谷侑也、清水修 アニメーション制作:studioぴえろ アニメーション制作協力:studioぴえろプラス

キャスト

佐々木琲世:花江夏樹 瓜江久生:石川界人 不知吟士:内田雄馬 六月透:藤原夏海 米林才子:佐倉綾音

 

脚本:御笠ノ忠次 絵コンテ・演出:渡部穏寛 作画監督:北村友幸、吉岡佳広、島崎望

【概要】

女性ばかりを捕食する喰種「トルソー」の捜査を行っているCCGのクインクス班。ところが、班のメンターである佐々木琲世は独断専行する部下たち、瓜江久生と不知吟士に手を焼いていた。二人でトルソーを追う久生と吟士に対抗しようと琲世は六月透と動き出すが……。

【感想】

人間と喰種のはざまで苦悩する金木がメインだった第2期シリーズまでとは打って変わり、喰種対策を仕事とするチーム描写が新鮮だった。苦労人ぽいところが共通する金木と琲世の関係性はおいおい明かされるとして、個性派揃いで一枚岩とは言えないクインクス班は、ミッションからプライベートまでさまざまな角度から楽しませてくれそう。