flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第1話「速水ヒロ 神浜コウジ 仁科カヅキ 虹を越えたその先に」

劇場版1作目視聴済。

スタッフ

原作:タカラトミーアーツシンソフィアエイベックス・ピクチャーズタツノコプロ 監督:菱田正和 助監督:渡邊葉 シリーズ構成:青葉譲 キャラクター原案:松浦麻衣 キャラクターデザイン:原将治 サブキャラクターデザイン:諏訪壮大、戸田さやか、水澤智可 総作画監督:原将治、戸田さやか、黒川あゆみ、諏訪壮大 色彩設計赤間三佐子 美術設定:高橋麻穂 美術監督:Scott MacDonald CGディレクター:乙部善弘 プリズムショー演出:京極尚彦、乙部善弘、今中菜々 撮影監督:神木正士 編集:坂本雅紀 音響監督:長崎行男 音楽:石塚玲依 音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ アニメーションプロデューサー:後藤広光 アニメーション制作:タツノコプロ

キャスト

一条シン:寺島惇太 太刀花ユキノジョウ:斉藤壮馬 香賀美タイガ:畠中祐 十王院カケル:八代拓 鷹梁ミナト:五十嵐雅 西園寺レオ:永塚拓馬 涼野ユウ:内田雄馬 如月ルヰ:蒼井翔太 大和アレクサンダー:武内駿輔 高田馬場ジョージ:杉田智和 神浜コウジ:柿原徹也 速水ヒロ:前野智昭 仁科カヅキ:増田俊樹 高田馬場ジョージGS/池袋エィス:小林竜之 氷室聖:関俊彦 黒川冷:森久保祥太郎 山田リョウ:浪川大輔 法月仁:三木眞一郎

 

脚本:青葉譲 絵コンテ:日歩冠星 演出:渡邊葉 作画監督:諏訪壮大、鈴木理彩

【概要】

プリズムキングカップ後に入所希望者が殺到したことから、最新鋭の新校舎に移ることになった一条シンたちエーデルローズの生徒たち。ところが、新しい環境に違和感を感じたシンたちは元いた寮に戻ってくる。そして、シュワルツローズ総帥、法月仁の発案により新たな王位争奪戦が始まるのだった。

【感想】

登場人物と諸設定のおさらいそして新たなる展開の始まりに終始した初回ながら、独特の熱に浮かされたようなテンションの片りんがそこかしこで一安心。エーデルローズとシュワルツローズの対立にシンボリックなOver The Rainbowといった構図は明快で、あとは作品世界に浸るだけ。特定の登場人物に入れ込むというよりは作品の総体を楽しむスタンスでいきたい。

(新)キャロル&チューズデイ episode:01「True Colors」

スタッフ

キャラクター原案:窪之内英策 総監督:渡辺信一郎 監督:堀元宣 キャラクターデザイン:斎藤恒徳 メインアニメーター:伊藤嘉之、紺野直幸 世界観デザイン:ロマン・トマ、ブリュネ・スタニスラス 美術監督:河野羚 色彩設計:垣田由紀子 撮影監督:池上真崇 3DCGディレクター:三宅拓馬 音響効果:倉橋静男、西佐知子 MIXエンジニア:藪原正史 編集:坂本久美子 音楽:Mocky 音楽制作:フライングドッグ、フジパシフィックミュージック 音楽:西辺誠、冨永恵介 アニメーションプロデューサー:天野直樹 アニメーション制作:ボンズ

キャスト

キャロル:島袋美由利/VOCAL. Nai Br.XX チューズデイ:市ノ瀬加那/VOCAL. Celeina Ann ガス:大塚明夫 ロディ:入野自由 アンジェラ:上坂すみれ/VOCAL. Alisa タオ:神谷浩史 アーティガン:宮野真守 ダリア:堀内賢雄 ヴァレリー:宮寺智子 スペンサー;櫻井孝宏 クリスタル:坂本真綾 スキップ:安元洋貴

 

脚本:赤尾でこ 絵コンテ:渡辺信一郎、堀元宣 演出:堀元宣 作画監督:堀川耕一、ヤマダシンヤ

【概要】

火星にて。地方のパーシェルシティから家出したチューズデイは、都会のアルバシティで路上ライブをしていたキャロルと出会う。互いにミュージシャン志望ということで意気投合したキャロルとチューズデイは、将来の目標を定めるのだった。

【感想】

物語そして作画演出における堅実なつくりが明快で好ましい。もったいぶることのないキャロルとチューズデイの出会いが小気味よく伝わってきた。両者の背景の違いがアクセントになっていて、音楽というたった一つの共通点をまぶしく見せてくれる。ぎこちなかったセッションが熱を帯びていく光景はまさに原石のようで高揚させられた。子役から大物プロデューサーの戦略に組み込まれたアンジェラとのコントラストもよい。サブタイトルにシンディ・ローパーの楽曲を思い出したが、そのものズバリ劇中で言及されていて驚いた。公式サイトを見ると70~80年代の洋楽がリスペクトされているようで、世代ど真ん中の自分としては楽しみが増えそうである。

なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第二話「友に勝る財宝なし」

脚本:吉田恵里香 絵コンテ:オグロアキラ 演出:鈴木芳成 作画監督:荻原みちる、鶴田眸

【概要】

そりが合わない帝釈天梵天を仲直りさせようと画策する迦楼羅天。そこに現れた普賢菩薩は一計を案じるのだった。帝釈天普賢菩薩派に、梵天文殊菩薩派に属することになる。動物園にやってきた一行だったが、飼育していた象たちが大暴れを始めてしまい……。

【感想】

迦楼羅天火の鳥バージョン、普賢菩薩が連れているパオ美、マスコット的な両者のデザインが絶妙にユーモラスかつかわいらしくて見ていて楽しい。普賢菩薩文殊菩薩の対置から梵納寺の全体像を示す手際がスマート。普賢菩薩が動物園好きな理由は何となく分かったが、帝釈天梵天を仲直りさせるための作戦だったかもと想像するといささか混乱する。動物園の存在意義まで切り込まれると重くなりそうなところ、象の煩悩が飼育員に寄り添ったもので安心させられた。

どろろ 第十四話「鯖目の巻」

脚本:吉村清子 絵コンテ:二村秀樹 演出;清水久敏 作画監督森田実、古瀬登、松下純子、Kweon Hyeok-jeong

【概要】

どろろの背中に浮かび上がった紋様は両親が残したものだという。どろろは道中で妙な妖怪に懐かれてしまう。寺の焼け跡にやってきた百鬼丸どろろは、鯖目という領主に出会う。鯖目の屋敷に滞在した百鬼丸どろろは、焼け落ちた寺のいわれについて聞かされる。

【感想】

鬼神の力を借りて領民を守る鯖目は、まるで醍醐の縮図のように見える。すなわち百鬼丸が試されるにはうってつけの場と言えそう。領民に慕われている鯖目だが、よそ者の犠牲の上に成り立っているとすれば、百鬼丸の選択はどうなるのか。景光に異議を唱えながらも従わざるを得なかった多宝丸の苦悩がよみがえってきた。そして、両親から財宝を託されたどろろの存在が一筋の光明に感じられもする。

八月のシンデレラナイン 第2話「できる、できない」

シナリオチーム:田中仁、伊藤睦美、吉成郁子、大内珠帆 絵コンテ・演出:粟井重紀 作画監督:西川真人、山村俊了、冨田佳享、丸山大勝、西村真理子

【概要】

用品店で野球道具を選んでいた翼たちの前に同級生の鈴木和香がやってくる。兄が名門大学野球部の選手である和香は野球の経験者らしいが、戦術面でのサポートはするがプレーはできないという。顧問の紹介で何とか練習場所を確保するが、そこは荒れ放題で……。

【感想】

新たに加入する登場人物へのフォーカスが的確でじわじわと高揚してくる。運動が苦手だったかつての自身を楽しそうにプレーする茜に重ねることで、野球の原点を思い出す和香の変化にジーンときた。唯一の経験者である翼が安易なセリフに頼ることなくナビゲーター役に徹していて、少しずつ形をなしてくる同好会を愛着もてるものにしてくれた。人物作画の不調は大目に見たくなる。

RobiHachi #02「タコから出た真実(まこと)」

脚本:金杉弘子 絵コンテ:高松信司 演出:徐恵眞 作画監督:加藤壮

【概要】

ヤンの宇宙船に追いかけられたロビーとハッチは合体ロボ「ヒザクリガー」を起動させる。ヒザクリガーでヤンたちをひるませたロビーとハッチは逃走に成功するが、ガス欠のため火星に寄ることに。火星人は地球人のイメージ通りにタコの姿をしていたのだが……。

【感想】

上半身と下半身でいがみ合うヒザクリガーのバカバカしさに笑わされつつ、地球人のパブリックイメージを演じる火星人たちの悲哀がユーモアをもって伝わってきた。つくられたイメージの火星からまだ見ぬ桃源郷であるイセカンダルを想像するのも乙なもの。

消滅都市 第2話「犠牲」

脚本:入江信吾 絵コンテ:宮繁之 演出:北川朋哉 作画監督:Kim Heekang、Kim Daehoon

【概要】

ユキを守って重傷を負ったタクヤだったが、探偵時代の同僚だったユミコとコウタに助けられる。そこに組織の追っ手としてスズナが立ちはだかる。ユミコそしてコウタによって逃がされたユキとタクヤをナイフ使いの刺客が追ってくる。タクヤは自身がおとりになろうとするが……。

【感想】

ユミコはタクヤのため、コウタは(おそらく)ユミコのため、タクヤはユキのために命を懸ける。前二者については分かるものの、後者については今のところピンとこない。「契約」すなわち報酬のためにしては弱すぎる気がするので、追い追いタクヤの背景が語られることを望みたい。守られるばかりを良しとしないユキが、その能力でタクヤを守ろうとする、そんな支え合いの構図は好み。

真夜中のオカルト公務員 #2「神楽坂の白い猫又」

脚本:樋口達人 絵コンテ・演出:大石康之 作画監督:浦島美紀、久松沙紀、田中彩、鈴木勘太

【概要】

安倍晴明の子孫という新は、アナザーたちの言葉を理解できる「砂の耳」の能力者だった。新は祖父の土蔵でかつて交流した猫又のユキと再会する。千代田区の狩野一文庫からの依頼を受けたのち、不思議な炎の目撃情報がある箱根山に調査に向かう新たちだったが……。

【感想】

夜間地域交流課としての仕事をこなしていく序盤だが、新の視線を介して世界を広げていくには必要なステップ。それぞれの依頼や調査でもって新のさまざまな面にスポットを当てていくので、退屈することなく見ることができる。陰陽師としてすなわち「砂の耳」能力者としてのルーツに回帰させるユキが起点となって、鈴鹿そしてウェウェコヨトルへとつながっていく。

Fairy gone フェアリーゴーン 第2話「狼の首輪と白鳥の羽」

脚本:十文字青鈴木健一 画コンテ:菅沼芙実彦 演出:藤井康雄 作画監督:山方春香、小島明日香、井上裕亮、福井麻記

【概要】

偶然から妖精をその身に宿したマーリヤは、フリーの誘いを受けて違法妖精取締機関「ドロテア」に入隊する。マーリヤの初任務は人工妖精を製造するマフィアの取り締まり。そのマフィア「アーケイム」の構成員、ウルフラン・ロウは、フリーの旧知だった。

【感想】

前回そして今回のアバンが示唆するとおり、コンビを組むことになったマーリヤとフリーが対置される。前回はマーリヤの旧知であるヴェロニカ、今回はフリーの旧知であるウルフラン。かっちりと端正な構図でもって任務を通じた仲間たちの紹介もそつがない。妖精が損傷を受けるとあるじの身体に跳ね返ってくる生々しさが、流れるようなアクションにあってインパクトを与えてくる。

この音とまれ! #2「資格の在処」

脚本:久尾歩 絵コンテ・演出:奥野浩行 作画監督小川浩司

【概要】

愛が入部して2人になった時瀬高校箏曲部。武蔵は部員勧誘の発表で演奏するが、緊張でうまくいかない。そこに1年の鳳月さとわが入部を希望してくる。箏の家元の令嬢であるさとわは、話題作りのため箏曲部を全国一位にしてやると宣言するのだが……。

【感想】

初回で対置された愛と武蔵それぞれの箏への思い入れが、台風の目のようなさとわによって増幅される。愛は箏を大切にしなかった頃の後ろめたさ、武蔵は先輩たちと目指した目標への心残り。箏に関しては完璧で自身に満ち溢れたさとわだからこそ、愛と武蔵の内面が引き出される。箏に対するかかわりこそ違えども、その先はきっと交差するのだと。愛が頼み込んだ箏の修理に加わった武蔵とさとわ、3人による輪が象徴的。