flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

2009-10-05から1日間の記事一覧

真・恋姫†無双 #1「馬超、悶々とするのこと」

原作ゲーム未プレイ。 前テレビシリーズ『恋姫†無双』は視聴済。 待望の第二期がスタート! キャラと世界観は第一期で了解済、という前提での第1話。 馬超(翠)@小林眞紀が張飛(鈴々)@西沢広香を真名で呼びたいけれど呼べなくて悶々としている所をみん…

狼と香辛料II 総評

商売や経済の話はほとんど理解できず(理解する気になれなかったと言うべきか)、第一期以上に視聴に忍耐がいった。 しかも、商売の経緯がロレンスとホロの関係に直接影響する、という話の構造だから余計に厄介。 要するに物語全体が把握できなかったという…

狼と香辛料II #12(終)「狼ととめどなき涙」

やっぱり石像は岩塩だったか。 ロレンスとエーブの会話はさっぱり分からず。 そこからロレンスがホロの提案を足蹴にするに至った訳も分からず。 雨降って地固まった、ということでよろしいか。 ケガをしたロレンスをグーパンチで殴ったり、蹴飛ばしたりする…

うみものがたり〜あなたがいてくれたコト〜 総評

マリンとウリンの掘り下げが足りないまま、ウリンがあちら側に行ってしまったせいで、彼女たちに共感できないままクライマックスまで行ってしまったのはちと辛かった。 やはり1クールでは尺が短すぎたと思う。 第1話の長閑な雰囲気からは考えられないほど、…

うみものがたり〜あなたがいてくれたコト〜 #12(終)「島の心 人の心」

光と闇は表裏一体、闇なる部分を自覚して受け入れてこそ、自分の弱さを認め受け入れてこそ、精神の平穏が保たれるということ。 セドナの浄化シーンを見ながらそんなことを考えていた。 別れ際、見つめ合い、抱き合い、そしてお互いの想いを素直に伝えること…

アラド戦記〜スラップアップパーティー〜 総評

ドライな作風はいまどき貴重なので、最後までストレスなく気楽に楽しんで観られたのは良かった。 単発エピソードの出来不出来がハッキリしていたのはいいんだけれど、横道に逸れすぎるというかお遊びが過ぎて本筋を忘れそうになることもしばしばだった。 イ…

アラド戦記〜スラップアップパーティー〜 #26(終)「さよならパーティ これにて終幕!」

ロクシーとアガンゾの霊体が現れて瀕死のバロンを救う展開はモロにご都合主義だったけれど、まあこんな所も本作らしいか。 2クールもあったんだから、バロンとちびロクシーのエピソードがもっとあれば感動できたんだけれどな。 バロンが覚醒してバンダナが吹…

花咲ける青少年 #24「とまどい」

監督が今千秋さんから亀垣一さんへバトンタッチ。 立人の本心を見抜き、物怖じせずに対峙したルマティの真っ直ぐさが際立った回。 ここ最近は花鹿よりルマティの方が立人の近くにいた訳だからな。 あれほど自分のために親身になってくれて尊敬もできる人ゆえ…

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST #26「再会」

ブラッドレイ大総統はマスタング大佐に、あそこまであからさまに真実を話して大丈夫なんだろうか。 ホムンクルスを大統領にする、というのはアメストリス軍上層部の方針だったとすれば、軍部は今に至るまでお父様の掌の上だったということか。 それならば軍…