flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

2011-01-15から1日間の記事一覧

おとめ妖怪 ざくろ 総評

序盤は、「また妖怪と人間の共存ものかぁ」といった設定に対する食傷もあって非常に薄味に感じられたのだが、半妖の女性と人間の男性の関係性における秀逸な表現を見出した中盤以降はエンジンがかかってきてとても楽しめた。アニメや漫画のような“画”による…

おとめ妖怪 ざくろ #13(終)「おわり、燦々と」

大風呂敷を広げなかったのは大正解。不完全燃焼で終わってしまう最近の作品には珍しい綺麗な大団円。 あえて不満を書かせていただく。父親違いの兄妹であった沢鷹と西王母桃の間には、別れ際になんらかの交流があって欲しかった(まあ沢鷹が兄であることを西…

フリージング #2「Pandora Mode」

生徒会長のありがたい忠告を全く聞かないカズヤにはイライラさせられたが、見方を変えるとあそこまで一途だからこそ「接触禁止の魔女」に受け入れられるのだろうと思う。どちらにせよ、「姉弟」設定を売りにした作品だからして、リミッターの男の子たちの仔…

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! #1(新)「兄と妹のヨコシマな日常」

原作未読。 タイトルからして食傷気味で期待値は低かったのだが、「変態兄妹」の日常をネタにしたポップなコメディに、どこかアメコミっぽい頭身高めのキャラクターデザインも作用して楽しめた。兄のアルバムに載っていた金髪ツインテの幼なじみ(彼女が“実…

とある魔術の禁書目録II #14「水の都」

大覇星祭編がかなり冗長に感じられてしまったせいで、懸賞で北イタリア旅行(上条さんの「不幸」ぶりからして、これも仕組まれたものと予想する)が当たって即渡伊という小気味良い展開が、かの地の街並みやオルソラの住居の調度の新鮮さもあいまって、久々…