flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

2011-02-12から1日間の記事一覧

戦う司書と虚言者の宴

7巻読了。戦う司書と虚言者の宴 BOOK7 (集英社スーパーダッシュ文庫)作者: 山形石雄,前嶋重機出版社/メーカー: 集英社発売日: 2007/08/24メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 20回この商品を含むブログ (54件) を見る武装司書から狙われていたはずのオリビア…

フリージング #6「Machination」

“女の敵は女”というコンセプトの徹底ぶりに恐れ入る。 女性上位の学園ならではのサテライザー虐めが加速度的に陰湿化。だからこそ、けし掛けられたラナに遠慮するどころか真正面から張り合おうとするサテライザーの凛とした姿が美しい。初回から5話かけて丁…

Rio - Rainbow Gate!- #6「ロールルーラー」

すっかりギャンブルとは離れてしまって、リオの「勝利の女神」設定がすっかり曖昧なものになってしまっているな。まあ、ゲームも含めた「勝利」なのかもしれないが…。 ただ、そこに目を瞑りさえすれば結構楽しめる。CGによるサメが群がる動きなんかはリアル…

とある魔術の禁書目録II #18「検体番号(シリアルナンバー)」

イギリス清教のアークビショップ、天草式の元プリエステス、御坂美琴、御坂妹、ラストオーダー、インデックスと、やや媚びすぎなきらいはあったものの、女性陣総出のヴァリエーションに富んだサービスシーンの連発が楽しかった。日常シーンにおける御坂と妹…