flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

2011-06-05から1日間の記事一覧

戦う司書と世界の力

最終巻読了(ずいぶん前に)。戦う司書と世界の力 BOOK10 (集英社スーパーダッシュ文庫)作者: 山形石雄,前嶋重機出版社/メーカー: 集英社発売日: 2010/01/22メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 152回この商品を含むブログ (50件) を見る天国ルルタに未来神の…

青の祓魔師 #8「此(ここ)に病める者あり」

不良っぽい外見と言葉遣いなのに勤勉な優等生っていう竜士は、意外と珍しいキャラクター造型ではなかろうか。彼だけではなく、燐の前で意外と早くデレてしまった出雲や、成績や態度が悪くても素直な燐を見ていると、やんちゃな子供たちを「しょうがないわね…

TIGER & BUNNY #9「Spare the rod and spoil the child.(かわいい子には旅をさせよ)」

セレブリティの子息のベビーシッター役を請け負うヒーローっていう設定に全く違和感がなかったのは、これまでの話で世界観の構築が上手く行っている証左だと思う。あと、前話から変化を匂わされてきたけれど、バーナビーが親の形見のおもちゃの謂れをナチュ…

DOG DAYS #9「グラナ砦攻防戦」

派手にショーアップされた戦大会のAパートからミルヒとレオの対峙そして魔物出現のBパートへの落差が、それぞれの完成度の高さもあいまって鮮やかで、今後の展開を示唆させる演出だった。次回10話の予告でサブタイトルが表示されなかったのも(制作側でのミ…

戦国乙女〜桃色パラドックス〜 #9「西国乙女」

西国(大名)をなめるなよ! …で感想を終いたくなったわ。それにしてもなぁ、『戦国BASARA』といい本作といい何で毛利の扱いは揃いも揃ってこんなんじゃろうか。まあ、元就公は「謀将」と称されるくらいのはかりごとの達人ではあったんじゃけど…。うーん、伊…