flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

2011-06-26から1日間の記事一覧

青の祓魔師 #11「深海の悪魔」

麻呂眉・出雲ちゃんのひと夏の小さなアバンチュール(あーはずかしー)。ツンの範囲内とはいえ出雲のいろんな表情アラカルトにコスチューム・チェンジもあいまって眼福だった。あと出雲の洋平くんに対する態度が、お姉さんぽさと子供っぽさを同居させた表現…

日常 #13「日常の第十三話」

ほぼ全編が ゆっこ×みお、なの×はかせ の二組によるコメディで満足。これはゆっこサイドと東雲サイドが交差する前兆としての演出なのかと、登校許可をもらって大喜びのなのを見ながらしみじみ。ネタ各論では、冒頭のゆっこの手品が最高で、次々にみおの予測…

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #6「わすれてわすれないで」

アバンでじんたんが観ていたテレビに『世紀末オカルト学院』の一シーンが映っていたけれど、A-1 Picturesつながりのサービスだろうか。本作におけるめんまの存在に引っ掛けているようでもあった。 衆目の中であなるを守ったり、自分に嘘をつくめんまを叱った…

「C」([ C ] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL) #6「conflict(葛藤)」

三人の大人たちの間で揺れ動いた末に方向性を見つけた主人公。それが真朱を守りたいというシンプルな感情だったことで、古典的なボーイ・ミーツ・ガール物としての構図が前面に出てきて一気に観易くなった。壮一郎、サトウ、宜野座功の三者の言い分が、それ…

TIGER & BUNNY #12「Take heed of the snake in the grass.(草の中にいる蛇に用心せよ)」

二次元におけるゴツイ系キャラ不遇の法則(苦笑)に従い、瞬殺されるシーンすら描写されなかったロックバイソンが哀れ過ぎる。それ以上に気になったのがクジの順番で、女子ヒーロー二人はやっぱり凄惨な舞台には上げないつもりなんだろうか。本作のメインタ…

DOG DAYS #12「4つの条件」

どんな時でもポジティヴシンキングな勇者シンクが重苦しい空気を中和してくれる。そもそも一方的にフロニャルドに召喚されたこと自体が超常現象も良いところなのだから、勇者様が最善の策を探そうと提案するのはお門違いだろう。そのポジティヴシンキングに…

徹底解剖! ブレイド スペシャル

7/1からアニマックスでオンエア予定の『ブレイド』のナビゲーション番組。 宿敵を追って日本国内から海外へというストーリー展開、強い人外主人公に関わる足手まとい風な人間のヒロインと、『ウルヴァリン』を思い出さずには居られない設定の数々はどこか不…