flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

2011-08-12から1日間の記事一覧

BLADE ブレイド #7「デイウォーカーとミュータント」

前シリーズまでのファンサービス的なゲスト登場のパターンとは違って、ウルヴァリンが有機的にストーリーに関与していたのには驚かされた。もっとも、ウルヴァリンのミュータントとしての能力がアイザックに引導を渡した展開は、主人公であるブレイドの存在…

THE IDOLM@STER アイドルマスター #6「先に進むという選択」

順調な「竜宮小町」に焦るプロデューサーの当番回。「家貧しくして孝子顕る」よろしく765プロは孝行娘ばかりでプロデューサーさんは幸せ者だ。「マネージャー」ではなく「(マネージャー兼)プロデューサー」なのだから、アイドルたちの性格や長所を把握した…

NO.6 #6「密やかな危機」

「NO.6」を象徴する沙布と「西ブロック」を象徴するネズミを、両者のハイブリッドである紫苑が融和するという展開は、世界の根幹を揺るがす関係性がパーソナルな三角関係に直結しているという意味で明快な構図。紫苑の立ち位置は『ブレイド』の主人公を思わ…

うさぎドロップ #6「わたしの木」

ありきたりな日常を綴るだけの世界観なのに、初回からまったく退屈させられる瞬間がないのは、第一に大人も子供も登場人物たちの表情や所作がヴィヴィッドだからだろう。あと「ありきたり」と書いたけど、それはアニメ作品をファンタジーとして捉えた場合の…