flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

2011-09-06から1日間の記事一覧

猫神やおよろず #9「レイニーレイニー」

繭と出会いしなの一人ぼっちな柚子の無表情が印象的だった。現在の明るい表情を見て、繭たちに出会えて良かったね、と嬉しくなった。その後のエピソードは繭によって(尺の都合で)割愛されたけれど、そこは視聴者があれこれ想像するのも乙なもんだと思う。 …

輪るピングドラム #8「君の恋が嘘でも僕は」

余所様では「展開が遅い」っていう感想が多いようだけど、それはストーカー女・苹果の粘着質な言動が大きく影響しているような気がする。まあ確かに序盤の切れが落ちてきた感じはするが。ただ、苹果と晶馬が本音をぶつけ合った件は、今までシュールなパター…

BLOOD-C #8「よのなかよ」

小夜は慎一郎の気持ちに気付かないのではなく気付けないのだろう。常軌を逸した天然ぶりが、ロボットのような無機的なものを連想させる。彼女の一挙手一投足が、その正体を強烈に暗示していて重苦しかった。 ヒロインの異物感をこれほど冷酷に描写する作品は…

BLADE ブレイド #10「慟哭の渦へ」

母親の仇討ちのために戦うブレイドと、息子の仇討ちのために戦うフロスト。後者だけが外道に堕ちたのは、悲しみを癒し正義を育んでくれる「育ての親」が不在だったからだろう。加えて、歳を取るとあらゆる面で強欲になるという意味を含んでいるのかもしれな…

THE IDOLM@STER アイドルマスター #9「二人だから出来ること」

亜美・真美当番による「ゴージャスセレブプリン」(笑)をめぐるドタバタ話。犯人に関しては全く伏線がなかっただけに、ラストの二段オチの脱力加減は相当なもんだった。あと、「竜宮小町」として先行する亜美に全く屈折した感情を見せない真美は立派だと思…