flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 総評

登場人物それぞれが良い面も悪い面も容赦無く描かれていて(特にあなる・つるこ・ゆきあつ)、『とらドラ!』で片鱗を見せてもらった岡田麿里脚本の面目躍如といった感じだった。視聴者にとって常に心地良い記号的な造形ではなく、嫌な面や醜い面も遠慮なく…

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #11(終)「あの夏に咲く花」

初回以来となる長井龍雪監督によるコンテ・演出回。 のっけから岡田麿里名物・キャットファイトが炸裂。つるこに「最低」と吐き捨てたあなるに溜飲が下がったのと同時に、「ゆきあつの理解者だったあなる」が羨ましかったというつるこの吐露が、どうにも好き…

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #10「花火」

篠原俊哉コンテ・演出回。 花火打ち上げを前にして、登場人物それぞれが抱える複雑な内面が「あの日」に囚われたままである事実が浮かび上がってくる。今までは能天気で前向きな一面しか描かれなかったぽっぽにも実はコンプレックスがあったと…これは当たり…

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #9「みんなとめんま」

その姿は見えずとも、その声は聴こえずとも、めんまの存在証明が出来ただけで風通しが良くなる…はずもなく、更なる軋轢を生み出してしまったのは彼ら彼女ら全員が「あの日」に囚われたまんまだから。純真なあなると捻くれたつるこ、女二人のめんまに対する感…

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #8「I wonder」

弟がいるから「お姉ちゃん」なのか。なあんだ。 めんまの存在証明については突っ込みどころ満載だったのだけど、オカルトやSFが主眼の作品でもないし、そこを云々するのは野暮というもの。じんたんにしかめんまが見えない理不尽を初回から引きずっていたので…

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #7「ほんとのお願い」

めんまの願いをかなえるために三人でバイト。めんまのおかげで活力を取り戻していくじんたんもさることながら、すっかり幼少時代に戻ったようなあなるとぽっぽとのスリーショットが微笑ましくて良いなぁ。あなるはすっかり険が取れて無邪気な一面を見せるよ…

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #6「わすれてわすれないで」

アバンでじんたんが観ていたテレビに『世紀末オカルト学院』の一シーンが映っていたけれど、A-1 Picturesつながりのサービスだろうか。本作におけるめんまの存在に引っ掛けているようでもあった。 衆目の中であなるを守ったり、自分に嘘をつくめんまを叱った…

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #5「トンネル」

サブタイトルどおりで登場人物の心理描写も関係描写も重苦しさが漂う。ゆきあつ女装の件は、叶う事のなかっためんまへの恋慕が行き場を失って同一化願望に変化したと考えるのが妥当か。絵的にはとんでもないのに、痛々しさが先行してまったく笑わせてくれな…

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #4「白の、リボンのワンピース」

精神年齢が近いのだろう(笑)、じんたんやゆきあつよりもぽっぽのほうがめんまの事を理解している。でもそんなぽっぽにめんまが見えない事実が何だか悲しい(理由は何となく分かるが)。彼のような恰幅の良いタイプは二次元世界では不遇なので、個人的には…

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #3「めんまを探そうの会」

ぽっぽが発起人となって「超平和バスターズ」再結成。あの気位の高そうなつるこに対しても屈託ないぽっぽが、依然トンネルの中にいるじんたんに代わって扇の要になっている。しがらみを拒否したのはじんたんもぽっぽも同じなんだろうが、その気構えの違いっ…

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #2「ゆうしゃめんま」

あなるとつるこ、女同士の言い争いの険悪な空気に、ああ岡田脚本だなぁとニヤニヤ。とりあえずは、一人だけ子供のまんまってな感じのぽっぽが五人のブリッジ役になるんだろう。幼少時のコンプレックスから背伸びしていたあなるが、つることの一件で傷ついた…

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #1(新)「超平和バスターズ」

ノイタミナがオチモノ(厳密にはツキモノか)とはねぇ…。 なるほど、「あなる」は失われた幼少時代の象徴なのか。現実にありがちなシチュエーションだけに胸に落ちる。「めんま」の死をきっかけに瓦解した幼少時の絆「超平和バスターズ」を成仏できなかった…