flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

俺たちに翼はない

俺たちに翼はない 総評

主人公のコンセプトは結構デリケートなハードルもあったのではと想像するが、身体は一つでも複数の人格を持つ主人公が、それぞれの人格を好いてくれるヒロインズとの関係構築でもってハーレムを正当化するという飛び道具的なアイデアには感心させられた。 私…

俺たちに翼はない #12(終)「俺たちに翼は…」

事情はだいたい分かったけれど、主人公の設定には理解が追いつかなかった。「羽田ヨージ」が主人格なのは分かったけど、何で彼と羽田「タカシ」の二人だけが苗字と名前の漢字部分を共有しているのか、そして鷲介と隼人は何で「ヨージ」でなく「タカシ」を守…

俺たちに翼はない #11「妹萌えっていう概念を知っているか?」

明日香が明日夢とテレビゲームを引き合いに出して鷹志を説得するまでは丁寧な流れで良かったのだが、その後のマウント殴打で一気に萎えてしまった。鷹志をグレタガルドから引き戻したいという必死さゆえというのは分かるけれど、暴力ヒロインは生理的にどう…

俺たちに翼はない #10「ずっと、ファンでいてくださいね」

とっくに作り手の術中なんだろうが、その儚さゆえに隼人のガラの悪さも鷲介の軽薄さも虚勢に見えてしまって、彼らが愛おしく思えてくる。それぞれ想い人を残して消滅へのカウントダウンが始まっているけれど、鷹志を守りたいために暗躍する明日香も彼が副人…

俺たちに翼はない #9「胸が高鳴るーっ!!」

アバンが恒例の意味不明お色気サービスでなく前話ラストの続きになったのは、明日香が鷹志を看破することでトップギアに入った合図かと思いきや、日和子の小説をめぐる一悶着や鳴の自転車捜しなど表面的にはペースダウンした感じでやや拍子抜け。もっとも、…

俺たちに翼はない #8「巨乳のクリームお姉ちゃんまだですかー!」

いつもの事だが、サブタイ転記するのが嫌だ…(苦笑)。 ED直前で、鷹志の多重人格を見抜いた明日香が自分の中の別人格に語りかけたような描写が気になった。あまりの寒さに考えもつかなかったけれど、あのお色気サービス全開のアバンは、ひょっとして女性陣…

俺たちに翼はない #7「栄えある王の凱旋だ!」

今回のアバンのお色気サービスはちょっと笑えた。ガルーダこと伊丹伽楼羅の降臨でシリアスモードになると思いきや、チンピラどもが白昼堂々駅前で女装コスプレに下ネタラップしながらケーキをぶつけ合うというカオス極まりない画にあんぐり。U局とはいえこん…

俺たちに翼はない #6「ひいッ! らめえ、声出しゃう〜!」

サブタイの元になっている、鷲介の頭の怪我の治療シーンの卑猥さを突き抜けた下らなさに爆笑。色んな意味で頭のネジが緩んでいるようで、そんなダメさ加減も含めて癖になる魅力がある。鷲介と隼人が鷹志を守っているようだけれど、三人に「伊丹伽楼羅」との…

俺たちに翼はない #5「なんたるホーク卿の徳高きことよ!」

「名も無き 侍女」にされてしまった(?)高内さんの現実世界とのギャップに笑ってしまった。かようにあのファンタジー世界は鷹志の妄想であるとあからさまに演出されてはいるのだが、実はミスリードでしたと思わせる描写が断片的に挿入されるので油断ならな…

俺たちに翼はない #4「ドラさん……私、今妊娠しちゃったかも……」

意味不明なお色気サービスのアバンはともかくとして、ストリートとアレキサンダーでのグダグダなシチュエーション・コメディを通じて、隼人と鷲介の人となりがじわりと染み込んできつつある。それぞれのお相手になるヒロインズも面白おかしく二人を引き立て…

俺たちに翼はない #3「小鳩さんは可愛いなあ」

クラブイベント(行ったことないけど)的な演出が作品全体に施されていることに遅ればせながら気付く。どれも盛大に滑ってたが…。で、DJコンドルは作品の進行役というか狂言回し(機能してないけど)という位置付けなわけね。そんなスカした演出と眠そうな西…

俺たちに翼はない #2「好きな動物はペガサスです」

ポップな演出と西又キャラとアッチョリケ音楽のマッチングに、Navel原作アニメらしさが感じられるようになってきた。すべり気味のギャグはご愛嬌として、ちょっとテンポがずれた感じの千歳と玉泉の会話など、ダイアローグには独特の味がある。 「世界が平和…

俺たちに翼はない #1(新)「たとえばそんなメルヘン」

原作未プレイ。 公式サイト(音あり注意)によると、三人の男性が主人公という『ef』シリーズみたいなコンセプトらしい。頻繁なカット割りとダイアローグの組み合わせで軽妙さを狙った「アレキサンダー」でのシーンを始め、演出の意欲は分かるんだけれど、絵…