flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

戦姫絶唱シンフォギア

戦姫絶唱シンフォギアGX EPISODE 9「夢の途中」

脚本:金子彰史 絵コンテ:西澤晋 演出:石川俊介 作画監督:椛島洋介、畑智司、片山貴仁、大久保義之、今西亨。坂本俊太、ハニュー、吉田雄一、江上夏樹 【概要】 チフォージュ・シャトーの狙いが管理特区「深淵の竜宮」と翼の生家でもある風鳴八紘邸の「要…

戦姫絶唱シンフォギアGX EPISODE 8「向き合う勇気」

脚本:金子彰史 絵コンテ:江上潔 演出:大脊戸聡 作画監督:服部憲知、吉岡敏幸、永吉隆志、小畑健、原誠、谷圭司、畑智司、大久保義之、ハニュー 【概要】 行方をくらませていた父親、洸と久しぶりに再会した響だったが、相変わらず無責任な父親の態度に、…

戦姫絶唱シンフォギアGX EPISODE 7「輝きを継ぐ、君らしく」

脚本:金子彰史 絵コンテ:宮浦栗生 演出:成田巧 作画監督:椛島洋介、畑智司、今西亨、坂本俊太、大久保義之、ハニュー、青木美穂、陣内美帆、山崎克之、原誠 【概要】 キャロルの自死からオートスコアラーによる襲撃もやみ、その間にシンフォギアの改造強…

戦姫絶唱シンフォギアGX EPISODE 6「抜剣」

脚本:金子彰史 絵コンテ:西澤晋 演出:近藤一英 作画監督:藤本さとる、大久保義之、今西亨、ハニュー、安田祥子、今岡大 【概要】 調と切歌のピンチに強化型シンフォギアをまとった翼とクリスが駆けつける。アルカ・ノイズを蹴散らす翼とクリスに対して、…

戦姫絶唱シンフォギアGX EPISODE 5「Edge Works」

脚本:金子彰史 絵コンテ・演出:石川俊介 作画監督:坂本俊太、後藤麻梨子、藤本さとる 【概要】 響のガングニールが砕かれたことで、万全な状態で戦える装者はひとりもいなくなってしまった。エルフナインによって強化型シンフォギアの開発が急ピッチで進…

戦姫絶唱シンフォギアGX EPISODE 4「ガングニール、再び」

脚本:金子彰史 絵コンテ・演出:稲井仁 作画監督:畑智司、安田祥子 【概要】 響と友人たちの前に現れたガリィとそのアルカ・ノイズたち。歌えない響の代わりにガングニールをまとったのはマリアだった。しかし、調と切歌と同じようにギアからの負荷に耐え…

戦姫絶唱シンフォギアGX EPISODE 3「装者たちの黄昏」

脚本:金子彰史 絵コンテ:宮浦栗生 演出:石田暢 作画監督:福世孝明 【概要】 オートスコアラーたちが呼び出したアルカ・ノイズによってシンフォギアを分解されてしまった翼とクリス。クリスとエルフナインは調と切歌によって助け出された。一方、なすすべ…

戦姫絶唱シンフォギアGX EPISODE 2「世界を壊す――その前に」

脚本:金子彰史 絵コンテ:安田賢司 演出:成田巧 作画監督:大久保義之 【概要】 火災が起きたマンションの救助活動に出動した響は、キャロル・マールス・ディーンハイムという人物とあいまみえる。シンフォギアをまとって戦えと迫るキャロルに、響は戦う理…

(新)戦姫絶唱シンフォギアGX EPISODE 1「奇跡の殺戮者」

テレビシリーズ第1期、第2期ともに視聴済。 スタッフ 原作:上松範康、金子彰史 監督:小野勝巳 シリーズ構成・脚本:金子彰史 キャラクター原案:吉井ダン キャラクターデザイン・総作画監督:藤本さとる 総作画監督:椛島洋介 アクションディレクター:光…

戦姫絶唱シンフォギアG 総感

人物作画のクオリティーアップのおかげで1期シリーズに比べるとうんと洗練された印象。その代わりに、あのアイデアが暴走した挙句に熱に浮かされたような妙なテンションが低めに感じられたのは、こちらの慣れもあるんだろうがいささか物足りなく感じた。ウェ…

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 13「遙か彼方、星が音楽となった…かの日」(終)

脚本:金子彰史 絵コンテ・演出:安田賢司 作画監督:池下博紀、今西亨、大河原晴男、後藤麻梨子、酒井智史、式地幸喜、塩川貴史、舘崎大、畑智司、前澤弘美、森悦史、渡部貴喜、下條祐未、齋藤温子、今牧千世、普津澤時ヱ門 これまで敵味方に分かれてきた装…

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 12「撃槍」

脚本:金子彰史 絵コンテ:宮浦栗生 演出:岩田義彦 作画監督:河野絵美、下條祐未、福永純一、高橋優也、齋藤温子、小原和大、普津澤時ヱ門、吉田巧介、渡部貴喜、内田孝、塩川貴史 本シリーズならではの、熱に浮かされたようなテンションが全編に漲る傑作…

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 11「ディスティニーアーク」

脚本:金子彰史 絵コンテ:若林あつし 演出:石川俊介、近藤一英 作画監督:青木真理子、武内啓、柳孝相、しんぼたくろう、塩川貴史、畑智司、渡部貴喜 未来との断絶をあっさりと引っ込めてしまったのは勿体なかったが、持ち前のスピード展開の一環と思えば…

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 10「喪失までのカウントダウン」

脚本:金子彰史 絵コンテ:稲江仁 演出:いわもとやすお 作画監督:下條祐未、高橋優也、中山祐也、普津澤時ヱ門、畑智司、渡部貴喜 「神獣鏡(シェンショウジン)」の装者にされた未来とのバトル。親友が改造されて敵組織の尖兵にされる展開は過去の作品群…

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 9「英雄故事」

脚本:金子彰史 絵コンテ:田所修 演出:石川俊介 作画監督:後藤真梨子、塩川貴史、式地幸喜、柴田健児、畑智司、森悦史、渡部貴喜 フィーネの依り代をめぐって揺れ動くマリアや切歌、ナスターシャの独断専行の失敗など、迷走気味のF.I.S.になかなか視聴テ…

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 8「繋ぐ手と手…戸惑うわたしのため…」

脚本:金子彰史 絵コンテ:若林あつし 演出:千葉大輔 作画監督:河野絵美、下條祐未、普津澤時ヱ門、福永純一 非情になれないナスターシャの融和路線に痺れを切らしたウェルの野望が顕在化。巻き込まれた格好の奏者たちには気の毒だが、F.I.S.内の描写には…

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 7「君でいられなくなるキミに」

脚本:金子彰史 絵コンテ:宮浦栗生 演出:有江勇樹 作画監督:式地幸喜、沼田誠也、寺澤伸介、SON JIN YOUNG サブタイトルは、ひとりでこの世界の災厄を全て背負い込んでしまうような響に対する言葉に思えたが、それはF.I.S.側3人の奏者が抱える背景にも共…

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 6「奇跡――それは残酷な軌跡」

脚本:金子彰史 絵コンテ:田所修 演出:清水一伸 作画監督:普津澤時ヱ門、式地幸喜 自身の体内を侵食するガングニールに伍するほどの強さを見せてくれる間は、その拮抗がストーリーの縦軸になってくれるだろうと、ラストの友人たちを庇っての響の変身に思…

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 5「血飛沫の小夜曲」

脚本:金子彰史 絵コンテ:吉川浩司 演出:近藤一英 作画監督:渡部貴喜・塩川貴史・式地幸喜・森悦史・酒井智史 本国政府と袂を別ったF.I.S.の目的云々。妹との別れが回想されたマリアと左腕を失った響という、メンタルとフィジカルの両面における奏者たち…

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 4「あたしの帰る場所」

脚本:金子彰史 絵コンテ:若林あつし 演出:高橋英俊 作画監督:下條祐未 前半がバトルアクションで後半が日常パートという構成は初回もそうだったが、個人的には本シリーズのバトルはショーアップとしての効果もあるので面白いと思っている。アクションは…

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 3「終焉を望む者、終焉に臨む者」

脚本:金子彰史 絵コンテ:宮浦栗生 演出:ヤマトナオミチ 作画監督:今西亨・塩川貴史 久々の学園描写は響もさることながら、集団行動に馴染めないクリスがキュートでたまらない。彼女の指南役としてかつての孤高から柔らかさを見せるようになった翼は打っ…

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 2「胸に力と偽りと」

脚本:金子彰史 絵コンテ:小野勝巳 演出:夕澄慶英 作画監督:福永純一・高橋優也・河野絵美 コンサート会場でのバトルは本シリーズの真骨頂。いつしか響とクリスを信頼できるようになった翼に、孤独に戦ってきた1期での姿がよみがえってきてグッとくる。そ…

(新)戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 1「ガングニールの少女」

テレビシリーズ1期視聴済。 スタッフ 原作:上松範康・金子彰史 監督:小野勝巳 シリーズ構成・脚本:金子彰史 キャラクター原案:吉井ダン キャラクターデザイン・総作画監督:藤本さとる アクションディレクター・ノイズデザイン:光田史亮 メインアニメー…

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 3「終焉を望む者、終焉に臨む者」

脚本:金子彰史 絵コンテ:宮浦栗生 演出:ヤマトナオミチ 作画監督:今西亨・塩川貴史 久々の学園描写は響もさることながら、集団行動に馴染めないクリスがキュートでたまらない。彼女の指南役としてかつての孤高から柔らかさを見せるようになった翼は打っ…

戦姫絶唱シンフォギア 総評

歌いながら戦うという設定の奇天烈さは、表面的な意匠に過ぎなかった感じ。現代のバトルヒロイン物というより、昭和の特撮物みたいなセンスは、むしろ懐かしい感触だった。 初回のアバンもあって悲愴感を禁じ得ない世界観ながら、巻き込まれ型ヒロインという…

戦姫絶唱シンフォギア EPISODE13「流れ星、堕ちて燃えて尽きて、そして―」(終)

ソロモンの杖と合体して巨大化したり、ネフシュタンの鎧で月を一本背負いしたりと、捨て鉢に思えるフィーネさんの奇行の数々が、最期まで古式ゆかしい悪役という感じで潔かった。巨大化したフィーネからデュランダルを奪い取る響たち3人のチームワークも熱か…

戦姫絶唱シンフォギア EPISODE12「シンフォギア」

フィーネが今時にしては気持ちが良いほどの悪役なので、対立軸が明快でバトルをすっきり観られる。弓美が比喩表現として使う「アニメ」が、ネガティヴな意味合いからポジティヴなそれに変わるなど、響と未来の想いがクラスメート三人娘に伝染していった流れ…

戦姫絶唱シンフォギア EPISODE11「月を穿つ」

いつも以上に端整かつ陰影の強い人物作画で見応え充分だった。 カ・ディンギルの真実は了子の正体も含め、文字通り“灯台下暗し”といったところ。ノイズの脅威が世界レベルにもかかわらず「特異災害機動部二課」の周りだけで終始している印象なのは、1クール…

戦姫絶唱シンフォギア EPISODE10「繋いだ手だけが紡ぐもの」

了子の正体を弦十郎が承知していた件、今までに何の伏線もなかったので面食らった。まあ、瀕死から回復した翼の響に対する態度の変節も同様な印象だったので、細かい心理描写をオミットするのは脚本担当の個性なのかもしれないが。 クリスの変化についても、…

戦姫絶唱シンフォギア EPISODE9「防人の歌」

野良犬的なクリスと彼女を手懐ける弦十郎司令のやりとりが、温かみに溢れていてとても印象に残った。観る者の“放っとけない感”を喚起させるクリスは、間違いなくもう一人のヒロインだわ。 「一度こういうの、やってみたいのよね。」 翼がカラオケで演歌を熱…