flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

残響のテロル

残響のテロル 総感

始めにテロありきという印象がぬぐえないまま終わってしまったが、最終話の感想ではあえてそこに強引な理屈付けを試みてみた。FBIの切り札として派遣されてきたハイヴが象徴するとおり「アテネ計画」のバックに米国が存在するのであれば、人を殺さないテロと…

残響のテロル #11「VON」(終)

脚本:瀬古浩司 絵コンテ:渡辺信一郎、立川譲、久木晃嗣 演出:渡辺信一郎 作画監督:中澤一登、山下喜光 ナインが仕掛けた原子爆弾は、成層圏での高高度核爆発により日本中の電子機器のみを破壊する。柴崎が推理したとおり、スピンクスのテロは彼らのメッ…

残響のテロル #10「HELTER SKELTER」

脚本:猪原健太 絵コンテ:三原三千夫 演出:向井雅浩 作画監督:秋田学 警視庁に「スピンクス」として出頭したナインは、原子爆弾の起爆停止と引き換えにあらゆるメディアにおける記者会見を要求する。アテネ計画の中心人物、間宮俊造に会った柴崎は、ナイ…

残響のテロル #9「HIGHS & LOWS」

脚本:瀬古浩司 絵コンテ:久木晃嗣、立川譲、サトウシンジ 演出:久木晃嗣、武藤健司 作画監督:山下喜光 ハイヴはリサを人質にナインとツエルブをおびき出す。ひとりリサがとらわれた観覧車に向かうツエルブ。一方で、柴崎と羽村は関係者だった元厚生省幹…

残響のテロル #8「MY FAIR LADY」

脚本:猪原健太 絵コンテ:宮繁之 演出:いがりたかし 作画監督:西村貴世、中澤一登 羽田空港で独断専行した柴崎たちは停職処分を食らってしまう。スピンクスに濡れ衣を着せようとした勢力の存在を察知した柴崎は、クビを覚悟でスピンクスが関与する「アテ…

残響のテロル #7「DEUCE」

脚本:熊谷純 絵コンテ:鹿間貴裕 演出:許平康 作画監督:鹿間貴裕 羽田空港国際線ターミナルにて。ハイヴからの謎かけに挑むスピンクスと、その謎かけが警察内部からのものであることを察知した柴崎たちの単独行動。 立場を異にする三陣営による爆弾テロを…

残響のテロル #6「READY OR NOT」

脚本:瀬古浩司 絵コンテ:松尾衡、立川譲 演出:山岡実、いわたかずや 作画監督:山下喜光、秋田学、岸友洋 警視庁によるスピンクスへの対応は、米FBIから派遣されたハイヴとクラレンスに一任される。ハイヴはスピンクスをかたり羽田空港国際線ターミナルに…

残響のテロル #5「HIDE & SEEK」

脚本:熊谷純 絵コンテ・演出:立川譲 作画監督:秋田学 アジトにリサを連れてきたツエルブにナインは不満をあらわにする。そして、スピンクスによる新たな謎が発表されるが、アメリカから警視庁に来たハイヴとクラレンスの二人組に、スピンクスそして柴崎双…

残響のテロル #4「BREAK THROUGH」

脚本:瀬古浩司 絵コンテ・演出:青井小夜 作画監督:岸友洋 柴崎はスピンクスの手掛かりを追って青森を訪れる。彼が警視庁に戻ってくると、スピンクスから新たな犯行予告が発せられる。その一方で、家出したリサの前にツエルブが現れ……。 警察の勇み足によ…

残響のテロル #3「SEARCH & DESTROY」

脚本:矢野焦点 絵コンテ・演出:山岡実 作画監督:秋田学 警察署での犯行を予測したことで捜査の最前線に戻された柴崎と、スピンクスとの本格対決。 なぞなぞも推理物も苦手なので、柴崎が名推理で爆弾のありかをつきとめるまでの流れに、さほどのカタルシ…

残響のテロル #2「CALL & RESPONSE」

脚本:矢野焦点 絵コンテ:立川譲 演出:青井小夜 作画監督:山田歩 都庁爆弾テロの原因に迫らんとする警察とスピンクスによる新たな犯行予告。いたちごっこの様相。 「スピンクスのなぞなぞ」をモチーフにした犯行場所の予測については、それが住所を指すこ…

(新)残響のテロル #1「FALLING」

オリジナル。 スタッフ 原案・監督:渡辺信一郎 助監督:立川譲 キャラクターデザイン:中澤一登 美術監督:金子英俊 色彩設計:辻田邦夫 撮影監督:田村仁 モニターグラフィックス:久保田彩 CG監督:越田祐史 編集:廣瀬清志 音楽:菅野よう子 音楽プロデ…