flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

神様ドォルズ

神様ドォルズ 総評

頭身高めのちょっと垢抜けないキャラクターデザインは新鮮だったし、詩緒の顔芸の数々も福圓美里さんの演技力と同期していて楽しかった。常軌を逸した言動が目立つ登場人物たちにあって、どれだけ酷い目に遭おうとも母性が揺るがない日々乃、強面なルックス…

神様ドォルズ #13(終)「隻・枸雅匡平」

匡平の決心まで描いてくれたことに対しては評価したいが、彼の日々乃や詩緒への恩返しが拝めなかったのは大いに不満が残る。あと阿幾が匡平に惹かれた理由はだいたい分かったが、やさぐれた阿幾に対して匡平が取るべき行動もまた然り。匡平の煮え切らなさに…

神様ドォルズ #12「暴走」

まあどいつもこいつも血の気が多いこと。「掃き溜めに鶴」よろしく日々乃さんが引き立つ。隻の威を借りるまひるも、隻の宿命から逃げようとする匡平も、周りの人々に災厄をもたらすように思える。サブタイトルの「暴走」が二段構えになっていた構成が、空守…

神様ドォルズ #11「囚われの日々乃」

隻としての力を利用しつつも空守村のしがらみを破壊しようとするまひるの在りようは、傍若無人な振る舞いそのまま。次話から匡平の暴走をきっかけに改心するオチになるんだろうが、どうせなら久羽子と烈女対決をやって潰し合ってくれたほうが面白そうな気が…

神様ドォルズ #10「美姫・繚乱」

空守村の因習に、逆らった阿幾、逃げた匡平、威を借り続けるまひる、と三者三様。若手でまともな隻は勾司朗くらいか(詩緒や桐生はまだ幼すぎるし)。それにしてもまひるだが、久羽子に匹敵する、いやそれ以上にとんでもない女が出てきたもんだ。謎の案山子…

神様ドォルズ #9「因縁の渦」

主役男性の二人が危なっかしいだけに、勾司朗の器の大きさと良心に安堵させられる。ヒロインズさえ良ければ万事良しというわけでなく、やっぱり男性キャラクターにも花を持たせてくれないと。で、匡平については、一般人として詩緒と桐生を支えようとする努…

神様ドォルズ #8「神様の役割」

詩緒が匡平のラッキースケベに対して怒ったのは(あの蹴る殴るは兄貴に対してやりすぎ。かなり失望させられた)、ヤキモチというよりは隻としての重責を転嫁させられた兄に対する鬱憤が爆発したのではないかと想像する。無言で立ち尽くしていた日々乃もそう…

神様ドォルズ #7「追憶の肖像」

現在の匡平と阿幾を形成する回想編。瀬能先生との関わりを通じて、反抗的過ぎても従順過ぎても他者を傷つけてしまうという、閉鎖的なコミュニティの恐ろしさが良く描けていた。隻の力から逃げた匡平も、隻の力の使い方を誤った阿幾も、空守村の暗部を体現し…

神様ドォルズ #6「空守村」

主人公たちのバックグラウンドになる空守村の人物、風習、風景の描き込みが丁寧で、今後の展開に期待を持たせる出来だった。メイン三人の人物像や関係性の描写は相変わらず清々しくて気持ち良いもの。桐生の返り討ちを想像して凹む詩緒などはとても可愛かっ…

神様ドォルズ #5「故郷へ…」

垢抜けない案山子のデザインが、現代の作品にしては地味目なキャラクターデザインとマッチして、閉鎖的な山村の伝奇物らしい「いたなさ」を醸し出している(『屍鬼』みたいな派手目なキャラデとのミスマッチも、それはそれで乙なものだが)。今のところは、…

神様ドォルズ #4「ヘルマ」

キャラクターデザインも設定もストーリー展開も全体的に押し出しに欠けるのだけど、伝奇アクション物としてはこれくらい抑制が効いているほうが遅効性の魅力が出てくるのかもしれない…と思いつつ見守っているところ。メインヒロインは二人とも好印象だし。あ…

神様ドォルズ #3「攻め来たるは…」

主人公が持つ葛藤はそれなりに表現できているし、スタッフ愛を感じる表情豊かな詩緒は可愛いし、何よりストーリーもキャラクターも明快なので観易いのは結構。設定が類型的でややパンチ不足に感じられるのと、サブの女性陣がどうにも気に入らんのは不満だけ…

神様ドォルズ #2「神様の特訓」

抑制された演出にゆったりとした展開は緊張感に欠けるけど、主人公トリオの優しげな人物造型には似合っているかな。子供っぽさが自然な詩緒が可愛いくて微笑ましいので観ていて癒されるし。もっとも、そんな世界観を壊しかねない新登場の久羽子だけは好きに…

神様ドォルズ #1(新)「神はきたりて」

原作未読。 都会に出ても郷里の因習から逃れられない主人公、という設定はかなり好み。キャラクターデザインもデザイナーの個性なのか原作からしてそうなのか分からないけど、いわゆる典型的な美少女絵とは違うあっさり系で好感が持てる。頭身高めの人物たち…