flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

聖痕のクェイサー

聖痕のクェイサーII 総評

一期で好きだったうのまことキャラデザの脂が落ちてしまってスッキリしたような人物は魅力減だったし、ロングショットを中心に作画が荒れている回も多かったので、ことヴィジュアルに関しては物足りなかった。物語的にも翠玲学園編のクライマックスがピーク…

聖痕のクェイサーII #12(終)「平穏は終わり、運命の歯車は回りだす」

サブタイだけで分かるようなもんだが、これまた次期シリーズを前提とした終わり方。操られたまふゆがサーシャを襲ったバトルは、レイアウトも動きも決まっていて見応えがあった。もう少し早い段階でこれを見たかったけど、表面的なおふざけに隠された正調な…

聖痕のクェイサーII #11「含鉄泉の夜2〜吸ったら驚いた〜」

おっぱいデトックス殲滅の巻(大体あってる)。久々にあやめが出てきたのには驚かされたが、シリアスな文脈ではなかったので、深雪と翼の再登場はやや疑問か。お遊び回という訳でもなかったけれど、今期で終わる雰囲気は全くないな…。ただ、カーチャさまの奴…

聖痕のクェイサーII #10「聖痕の☆くぇいさー」

サブタイトルは公式サイトに合わせた(番組テロップでは「聖痕のくぇ☆いさー」)。 お下品なコメディのパッチワークだったけど、3クールかけてキャラクターに愛着が持てるようになっていたので楽しかった。あと本能に忠実すぎるサーシャはしつこいほど描かれ…

聖痕のクェイサーII #9「ドキ☆ドキ創立祭」

創立祭の賑やかさを背景にサーシャとまふゆの仲を再確認するようなエピソード。「剣のマリア」を制御しつつあるまふゆは心配ないとして「雷のマグダラ」を身に宿した華のほうが気になっていたのだが、カーチャさまには抜かりがなかったようだ(笑)。成り行…

聖痕のクェイサーII #8「美しき挑戦者」

いつものエロバカ大出血サービス(規制で見えんけど)の聖ミハイロフ学園でのドタバタ話だが、緩めの作画のせいで一期よりもカオス度が高まっているような気がするな。そんな中でもアデプトに囚われた経験からジータを庇った燈など、一期の伏線を使って印象…

聖痕のクェイサーII #7「マダム・リリィのおっぱい占い」

聖ミハイロフに舞台を戻してのおっぱいフィーチャー幕間回。アトスの捕虜となったジータ目線で燈をはじめとする規格外のレギュラーたちをおさらいしていくのだが、ジータが堅物であることがある種のおかしみをもたらしていたように思った。マダム・リリィに…

聖痕のクェイサーII #6「再会」

私的には早すぎた翠玲学園編完結。 名実ともにサーシャのマリアとなったまふゆの包容力、華が心酔するカーチャのカリスマ、揃って元鞘に納まったメインキャラのエネルギーが汪震を砕く流れは正調な少年漫画そのもので盛り上がった。守られるばかりから「剣の…

聖痕のクェイサーII #5「魔女の生贄」

ウィッチクラフトを破壊せんと必死なシルバーナイトの異形は胸に来るものがあっただけに、下地として翼と深雪のエピソードにもう少し尺を割けば良かったのにと思った。まあここはスピーディーな展開とバーターではあるが。カーチャの下僕同士がさっそくいが…

聖痕のクェイサーII #4「荊の檻」

『放浪息子』と違ってこちらの主人公は女装に相当の抵抗があったらしく、ゆえに表面的な過激さとは裏腹に予定調和っぽく感じられたのだが、それは本作が正統的なエンターテイメントである証左なのかもしれない。カーチャのあやめへの調教ぶりは相変わらず最…

聖痕のクェイサーII #3「玻璃の罠」

恋愛感情が介在しないからこそ(多分)サーシャと華は良いコンビだ。華の堂に入った潜入捜査ぶりが、彼女の本性を知っているだけに頼もしくも滑稽で良い味。風呂場での翼への凌辱場面が、淫靡というよりはむしろドライな感触に仕上がっていたのは、カーチャ…

聖痕のクェイサーII #2「携香女(マグダラ)の在処」

「雷の携香女」炙り出し編。ヴァーチャル決闘でサーシャの正体をバラさないという設定は上手い、というかあざと過ぎる。あの行為の後にサーシャの正体を知ったジータの態度が見ものだ。あと、ガサツなようでいて意外と包容力のある華が1期よりも魅力的になっ…

聖痕のクェイサーII #1(新)「銀色の百合姫」

原作未読。テレビシリーズ1期視聴済。 1期はうのまことデザインのキャラクターが最大のお目当てだっただけに、この2期でのキャラクターデザイン担当交代は残念至極。あっさり目の顔つきは万人向けになったのかもしれないが…。それはさて置いても、ロングショ…

聖痕のクェイサー 総評

売りだったエロ設定や描写を除けば、その実像はごくごくオーソドックスな学園能力バトルもの。元素の特性を活かしたバトルアクションは序盤では面白かったものの、クライマックスに近付くにつれおざなりになって来た感はあり。そしてラストバトルにおける作…

聖痕のクェイサー #24(終)「汝、青春することなかれ」

最終話丸々使ってのエピローグ、そして新展開に繋げて終了。 前回のラストバトルは作画が酷かったけれど、この最終話では持ち直し。特にサーシャとまふゆのデート以降は、人物も背景(クレープの描き込みなど)も繊細な作画が蘇っていて、二人のしばしの別れ…

聖痕のクェイサー #23「致命者サーシャ」

主人公サーシャの魅力不足もあって、オーリャを利用された怒りや燈を帰還させた言葉がほとんど響いてこなかった。グレゴリィもラスボスにしては陳腐に過ぎた。加えて、子供の落書きみたいな触手や髪の色以外は同一人物とは思えないカットなど作画の崩壊ぶり…

聖痕のクェイサー #22「トリニティ・ゲヘナ」

よもや大怪獣バトルになるとはのう…(苦笑)。作画の頑張りでとりあえずクライマックスらしく格好はついていたけれど、どうにもキャラクターの言動が薄っぺらくて醒めた目で観てしまった。助っ人に現れたリジーには20話で操られた件を通過した故の描写が全く…

聖痕のクェイサー #21「水の聖堂」

前話の感想でも書いたけれど、カーチャのバックグラウンド描写不足に起因する彼女の裏切りの安っぽさがストーリーの深みをスポイルしているのが残念。キャラクターの華やかな魅力に比してシリアス場面が行き当たりばったりという、原作者の吉野弘幸氏がシリ…

聖痕のクェイサー #20「ハリボテ皇女」

リジーの扱いがあんまりな気がするが…最後まで観てみないと分からんか。 女王さまカーチャの脆さが明らかになったけれど、落ち込む理由がサーシャの「二階級特進」というのはちょっと弱い。今回は主人を気遣う桂木華の健気さが際立っていて、ラストバトルで…

聖痕のクェイサー #19「秘密の花園」

今までの聖ミハイロフ学院からようやく舞台が替わり、燈とアスタルテを始めとするアデプト12使徒との交流がメインに据えられて、新鮮な気持ちで観ることができた。アスタルテみたいな無邪気な幼女キャラは意外や初めてだなぁ(もちろんカーチャは似て異なる…

聖痕のクェイサー #18「ウロボロスの罠」

まふゆと仙道六実のシーンは一段と規制が酷くてほとんど紙芝居状態だった。人物作画も振るわずいいところなし。前回の引きがあれほど印象的だったのだから、燈をさらわれたサーシャとまふゆの内面にじっくりフォーカスして欲しかった。人間ドラマにもう少し…

聖痕のクェイサー #17「炎の福音(ゴスペル)」

「喪失の怒りよりもそれを失う恐怖の方がより強い力を持つ。」 榊一郎の今際の言葉はシンプルだからこそ説得力があった。ガキンチョのサーシャ相手には尚更だろう。 他作品を引き合いに出すのは失礼とは思うけれど、ここのところの『鋼の錬金術師FA』とシン…

聖痕のクェイサー #16「断罪の不死鳥」

榊一郎の「指パッチンで炎」能力は中の人ネタということは無いわいな(笑)。ああ、やっぱり『ハガレンFA』の復讐に燃えるマスタングは大川さんの芝居で観たかった…。 閑話休題。榊一郎はオーリャの仇ではなかったという事実開陳、「黄金のクェイサー」がラ…

聖痕のクェイサー #15「Anglo-Russian Entente」

コスプレ喫茶でのエロバカ話(規制でよう分からんかったが)の中に榊一郎の暗躍ぶりを埋め込みながら視聴者を引き付けつつ、サーシャが記憶を取り戻したのに続いてナトリウム使いの正体を開陳させるタイミングがドラマティックで上手かった。今回は右肩上が…

聖痕のクェイサー #14「辻堂美由梨の憂鬱」

「リリー仮面」ってお前…。本編とサブタイトルの関係が分からん(笑)。サーシャの幼児退行&性転換はどこまで引っ張るんだろうかね。美由梨をメインにした前回以上のお遊び回で、スタッフやキャストの皆さんの張り切りぶりが伝わってきた。エロも今回みたい…

聖痕のクェイサー #13「含鉄泉の夜」

出血多量で幼児退行って…。温泉回がサービスに思えないのはある意味画期的な構成かも(笑)。カーチャの華に対する羞恥プレイのエグさに失笑。エロだけに徹した中身の無さとバカバカしさはもう清々しくさえある。こういうお遊び回になるとまふゆのキャラクタ…

聖痕のクェイサー #10「はじめて(?)のおるすばん」

アホの子は真理を見抜くというお話(笑)。燈の掘り下げとして良く出来たエピソード。ジョシュアはサーシャに比べれば年相応な男子に見えるし、何より憎めないいいヤツで好感が持てた。燈とジョシュアはとてもお似合いだと思うんだけれど、どうなることやら…

聖痕のクェイサー #9「双面のアトミス(後編)」

ラブコメの定番ネタであるサーシャとまふゆの誤解からくるすれ違いを、必要以上に茶化さなかった低温な演出が良かった。過剰な演出に頼らず、キャスト陣の力量に委ねた作りは正解。そのおかげで、サーシャに近付きたくても近付けないまふゆの苦悩が自然と浮…

聖痕のクェイサー #8「双面のアトミス(前編)」

特定元素の能力者という設定を活かした、ギミックに溢れたバトル描写はコンテ・レイアウトもあいまってスピード感十分。今回は、無敵だったカーチャを退けた朽葉悠の迫力がなかなかのものだった。明快でシンプルな造型が魅力的なキャラクターたちによる日常…

聖痕のクェイサー #7「漂白の生神女」

鳥羽水族館のジュゴンさんは元気かいのう…。まさかエロアニメのネタにされるとは思うまいよ。 リジーの中の人(清水愛さん)は、本作と同じ吉野弘幸さんが関わった某作品からでしょうな。重そうな大剣を振るう戦いっぷりとか、言葉遣いとか、食いしん坊ぶり…