flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

黒執事

黒執事 Book of Circus 総感

アニメのテレビシリーズでは10年に一度拝めるかどうかの悲劇ものとして完成度が高かった。これまでのシリーズで定着した、シエルとセバスチャンが絶対的な頂点という作品世界のヒエラルキーを、茶番ではなくサーカス団ひいてはファントムハイヴの“道化”とし…

黒執事 Book of Circus 第10話「その執事、遂行」(終)

脚本:吉野弘幸 絵コンテ:阿部記之 演出:ところともかず 作画監督:伊藤智子、古住千秋、福世真奈美、蘇武裕子、大和田彩乃、江森真理子 エフェクト監修:西岡忍 ケルヴィン男爵にまつわる不穏分子の一掃と心残りの後始末。 回収されるシネマティックレコ…

黒執事 Book of Circus 第9話「その執事、従容」

脚本:吉野弘幸 絵コンテ:佐山聖子 演出:飛田剛 作画監督:中山由美、江森真理子 アクション監督:西岡忍 ファントムハイヴ邸とケルヴィン男爵邸におけるサーカス団員掃討のつづき。 セバスチャンと一夜をともにしたビーストが、再び会うこともかなわず遠…

黒執事 Book of Circus 第8話「その執事、嘲笑」

脚本:吉野弘幸 絵コンテ:滝沢敏文 演出:小阪春女 作画監督:蘇武裕子、古住千秋 アクション監督:西岡忍 シエルに執着するケルヴィン男爵のひずんだ内面のいきさつと、滞在中のエリザベスを守るべくサーカス団一軍メンバーを迎え撃つファントムハイヴ邸の…

黒執事 Book of Circus 第7話「その執事、撫養」

脚本:吉野弘幸 コンテ:佐山聖子 演出:江副仁美 作画監督:丸山修二、青木真理子、志賀道憲、服部憲知、村松尚雄、小島えり 単身で「お父様」ことケルヴィン男爵の屋敷に戻ったジョーカーは、ファントムハイヴ家当主としてのシエルとセバスチャン主従を迎…

黒執事 Book of Circus 第6話「その執事、交渉」

脚本:大河内一楼 コンテ:小俣真一 演出:熨斗谷充孝 作画監督:梅津茜、川村敏江、仁井学 ぜんそくの再発で倒れてしまったシエルに代わり、ノアの方舟サーカスの調査に出たセバスチャン。目的を達した二人は、サーカスを離れタウンハウスに戻る。 前回にお…

黒執事 Book of Circus 第5話「その執事、飛翔」

脚本:宮田由佳 絵コンテ:沖田宮奈 演出:政木伸一 作画監督:鈴木奈都子、岩田芳美 ノアの方舟サーカスの潜入調査も残るは一軍テントのみ。公演中の一軍メンバー不在を見計らってシエルは各テントを探るが……。 セバスチャンが急きょ公演の代役となりシエル…

黒執事 Book of Circus 第4話「その執事、同僚」

脚本:吉野弘幸 絵コンテ・演出:田中孝行 作画監督:伊藤美智子、澤田美香、大和田彩乃 アクション監督:西岡忍 潜入した「ノアの方舟サーカス」における慣れない新生活に悪戦苦闘のシエル。セバスチャンは、自分を忌み嫌うウィリアムと同じ宿泊テントにな…

黒執事 Book of Circus 第3話「その執事、採用」

脚本:吉野弘幸 絵コンテ:西片康人 演出:小坂春女 作画監督:中村深雪、中山由美 事件の調査をすべく訪れた「ノアの方舟サーカス」で団員にスカウトされたセバスチャンは、シエルを道連れにサーカス団員として潜入調査をすることに。 ここぞとばかりにドS…

黒執事 Book of Circus 第2話「その執事、壇上」

脚本:吉野弘幸 コンテ・演出:阿部記之 作画監督:蘇武裕子、猪口美緒 シエルとセバスチャンは、移動サーカス「ノアの方舟サーカス」と子供たちの失踪の因果関係について潜入して調査せよとの命を女王から受ける。 ネコ科動物が大好きという弱点(?)のお…

(新)黒執事 Book of Circus 第1話「その執事、披露」

原作漫画未読。テレビシリーズ1期、2期、特別編「死神ウィルの物語」視聴済。 スタッフ 原作:枢やな(連載 月刊「Gファンタジー」スクウェア・エニックス刊) 監督:阿部記之 キャラクターデザイン:芝美奈子 シリーズ構成:吉野弘幸 サブキャラクターデザ…

黒執事II 特別編「死神ウィルの物語」

TBSのオンエアを視聴。「黒執事IIのDVD8巻に収録された未放映のOVAエピソード」(公式サイトより) TVアニメーション黒執事II公式サイト http://www.kuroshitsuji.tv/ 『黒執事II』では出番のなかった死神 ウィリアム・T・スピアーズの看板エピソード。シエ…

黒執事II 総評

スタイリッシュでシアトリカルな作品世界の演出や、キャラクターの内面に深入りさせるようでそれを拒むような突き放した表現など、1期で感じられた独特の手触りは健在どころか更に磨きが掛かっていた。2クールでやや散漫だった(それゆえの良さもあったが)1…

黒執事II #12(終)「黒執事」

1期最終話を髣髴とさせる、濃霧の川面に浮かぶ小舟にて、という演出が憎い。 「情熱を不実に、偽りを真実に、野良犬を伯爵に。それが○○○の執事」 クロードの今際の台詞が誰に向けられたものか、最期は誰の執事として消えたのか、アロイスも語っていた通り「…

黒執事II #11「岐路執事」

クロードのネタキャラ化にようやく慣れて来た。悪魔で執事の二人が庭園の迷路でクイズ合戦という一見ふざけた趣向を活かした、一つの肉体の中でせめぎ合うシエルとアロイスの魂の表出に見入った。同じ孤独な魂でも、強靭なシエルのそれに対して、あまりにも…

黒執事II #10「零執事」

アロイスの魂と混濁させられたシエルだが、記憶まで無くしたわけではないらしい。アバンから記憶が錯綜したようなシエルの突き放した描写が、観ているこちらまでを混乱させる。 アロイスがシエルを乗っ取ったのは予想通りで、生前のアロイスに感じられた残虐…

黒執事II #9「虚執事」

「坊ちゃんをボッチャンと」 部下たちの前で怪しげな(?)踊りをしてみたり、洗脳したシエルの呼び名を「旦那様」から「坊ちゃん」に変えたと思わせた途端に冒頭のダジャレで落したりと、ポーカーフェイスとアンバランスなクロードの演出は、大胆不敵という…

黒執事II #8「吐露執事」

心酔というよりは依存していた執事に「下種な魂」と断罪されたアロイス哀れ。二人の出会いの様子からして、クロードがアロイスの器を見誤ったようにも思えるが、前話のシエルに対する惹かれようと併せて、アロイスの魂に残された「利用価値」が気になるとこ…

黒執事II #7「殺執事」

セバスチャンとクロード(とその部下たち)との決闘が、僅かな綻びすらも見せない美麗なアクション作画に支えられて、表面的なヴァイオレンス描写とは裏腹なスタイリッシュかつユーモラスな仕上がりで見所満載。インターミッション的にドルイット子爵が絡む…

黒執事II #6「夜露執事」

セバスチャンとクロードの決闘は、互いに一歩も譲らぬ攻防が、生死をかけた緊張感というよりはある種のシアトリカルな舞踏のように思えてきて、まるでその後の密約?の儀式のようだった。密約シーンのダークでスタイリッシュな演出は、ケレン味に溢れた悪魔…

黒執事II #5「狼煙執事」

「笑わぬ主人に笑う執事」と「笑う主人に笑わぬ執事」の対照に興味をそそられる。「笑う」といっても陽気なそれではないけれども。アロイスとクロードという主人公コンビと対となる存在の登場によって話が引き締まってくるし、サブキャラたちも活き活きして…

黒執事II #4「テロ執事」

爆弾列車での時間との戦いも、セバスチャンのおかげで全くスリルを感じない。でも、つまらないかと問われれば決してそんな事は無い。セバスチャンの有り得ない能力を苦笑いしながら楽しむのが正解。そして、シエルとセバスチャンの蜜月の前には、様々な特技…

黒執事II #3「女郎執事」

幸せな結婚が出来なかった女の逆恨みによる大虐殺というお話は、男性向け作品ではなかなかお目にかかれないものだ。「魂ごと焼き尽す」というやり口には今シリーズの黒幕が関わっていそうだが、それがトランシー家なのかどうかはまだ分からない。あとマダム…

黒執事II #2「単執事」

シエルを元気付けたいというエリザベスの一途な想いがとても可愛らしくて、本シリーズにしてはハートウォーミングなエピソードだった。慇懃な言い回しでズバリと主人に諫言するセバスチャンと鉄火場で執事に躊躇なく命令できるシエルのやりとりは、何人たり…

黒執事II #1(新)「クロ執事」

アニマックスでオンエア開始(地上波から4ヶ月遅れ)。原作未読。テレビシリーズ1期は視聴済。 屈折というには歪み過ぎているアイロスの人物を事前にしつこいほど見せた構成が効いている。新旧黒執事主従の邂逅が、美麗な作画によってケレン味たっぷりに演出…

黒執事 #24(終)「その執事、滔滔」

悪魔と虐殺の天使とのバトル、そしてシエルの最期。 悪魔の左腕が飛んだり、天使の阿鼻叫喚がこだました禍々しいバトルから、セバスチャンとシエルの蜜月の静謐さへのコントラストが鮮やかで見入った。 シエルの回想に彼のシネマティックレコードを使った演…

黒執事 総評

セバスチャンとシエルのキャラクターが初回から超然としすぎていて、そこは個人的に面白味がなかった。 まあそのスタイリッシュさというか様式美が受けているだろうことはわかるけれど。 サブキャラはとても魅力的で、特に使用人カルテットやエリザベス御付…

黒執事 #23「その執事、炎上」

虐殺の天使 アッシュ&アンジェラによるロンドン大虐殺。 死神たちは魂の回収に集まる。 シエルは戻ってきたセバスチャンに虐殺の天使のもとへ連れて行くように命じる。 なんかキャラクターの行動原理がスタイルというか美学優先なので対岸の火事みたいで盛…

黒執事 #22「その執事、解消」

ヴィクトリア女王@川澄綾子は、天使 アッシュにより夫と接合され少女化していた。 さりげなくエグイ描写は相変わらず。 女王はファントムハイブを不浄なものと断じ滅ぼそうとする。 女王を操っているように見える天使たちが黒幕か。 セバスチャンに見限られ…

黒執事 #21「その執事、雇傭」

冒頭の女スナイパーに新キャラ登場、と喜んでいたらメイリンその人だったのに驚き。 インパクトのあるアバンだった。 というわけでセバスチャンによる使用人のスカウト話。 普段のドジ振りとは裏腹に陰ながらシエルを守っておったのね。 まあただのドジだっ…