flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

TIGER & BUNNY #16「Truth lies at the bottom of a well.(真実は井戸の底にある)」

ジェイク編が私的には今一つだったので、ストーリーに対する興味が下降気味だったのだけど、レジェンドをめぐるワイルドタイガーとルナティックの因縁が明かされて、再び上向きになってきた。まあ本作のこと、捻くれた展開にはしないだろうから、歪んだ正義感を振りかざすルナティックを、虎徹が叩き直すことになるんだろう。レジェンドの晩年を知ったところで、虎徹が彼にもらったものが変わるはずはないのだし。そこに二人の能力減退をどう絡めていくのかが、クライマックスのポイントになりそうだ。
レジェンドのDV描写は、ジェイクの横暴ぶり以上にキツい表現だった。現在のルナティックの立ち位置を説得力あるものにするには必要だったのだろうけど、欧米に輸出するのであれば修正が入りそうな気がする。
★★★

快盗天使ツインエンジェル〜キュンキュン☆ときめきパラダイス!!〜 #3「意気揚々! 葉月クルミ見参」

豪華キャストたちの持ち役が、それぞれのパブリックイメージそのものというベタさ加減が、パチスロ原作という良い意味でのチープさを体現していてあっぱれ(ヒロインズだけでなくイケメンな檜山さんに女好きな小野坂さんまで)。釘宮さんのツンデレキャラも十指に余るほど体験してきているけれど、食傷してしまうところを伝統芸として許容できてしまうのは、ある意味開き直ったような作風の懐の深さゆえなのかも。あと、アレキサンダーが女湯に侵入して女たちにフルボッコという、個人的に見たくないお約束を阻止してくれたミスティナイトに拍手。
斬新さこそ皆無だけれど、キャストは実力派揃いだし、今回のように適度にコミカルで適度にハートウォーミングなお話であれば、毎回楽しめそう。めでたく試用期間突破で視聴継続。
★★☆