flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

セイクリッドセブン #4「学園祭のオニ」

あまり他作品を引き合いに出したくはないのだけど、今回みたいな学園話になると急に『コードギアス』っぽくなるな。悪石とのチェイスはもう少しコミカルなテンポが欲しかったけど、どこか垢抜けないぎこちなさを感じさせたのはご愛嬌か。鏡とアルマの気持ちを汲んで、彼らを許したルリの大人な態度が後味良かった。
★★★

異国迷路のクロワーゼ The Animation #5「迷子 "Perdus"」

次回予告ではあの男の子が「迷子」になるのかと思っていたのだけれど、籠から出た湯音には危険がいっぱい(?)という話だった。海外の一人旅で怪しげな路地に迷い込んで冷や汗をかいた経験があるけれど、大人ですらそうなのだから、異邦人の少女である湯音にとっては尚更だろう。そんな不安感が上手く表現されていたと思う。クロードの「初対面から馴れ馴れしい相手には気をつけろ」というのは、ラテン・ヨーロッパへの邦人旅行者に対するお決まりの注意事項なんだけど、19世紀からそうなのだろうな。あと、浮浪児の男の子に対して無粋なフォローをしなかったことが、治安のよろしくない巴里における湯音とクロードの絆を安心感のあるものにしていた。いささか理不尽だが、この街での幸せは鳥籠の中でこそ感じられるのかもしれない…と。
★★★☆