flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

翠星のガルガンティア 第2話「始まりの惑星」

脚本:谷村大四郎 絵コンテ:村田和也・小林敦 演出:小林敦 作画監督吉川真帆・石井明治・宮川千恵子・窪田康高・天崎まなむ

言葉が通じないというハンデがアクセントになっていて、現時点では意図するところが違うとはいえ、互いに相手との友好を望むレドとエイミーの間に流れる手探り感がとてもいい。その意図の違いがラストのレドによる海賊の殲滅として早くも現れたわけだけど、好奇心と素直さが持ち味のエイミーの立ち振る舞いが、今一度鍵を握る展開になりそうだ。食糧不足を危惧したチェインバーの提言に続いて、食べ物で打ち解けようとするエイミーの定番的なアプローチを持ってくるプロットも分かりやすい。異文化コミュニケーションの齟齬みたいな要素を上手く表現できれば、個人的には面白くなりそうな気がしている。人物、背景ともにカッチリとデザインされたガルガンティアの世界は、ドラマ同様に隅々までスタッフの意思が感じられ、目新しさこそないものの好感が持てる。
★★★☆

(新)這いよれ!ニャル子さんW 第1話「進撃の邪神」

原作ライトノベル未読。テレビシリーズ1期視聴済。

スタッフ

原作:逢空万太GA文庫ソフトバンククリエイティブ刊) キャラクター原案:狐印 監督:長澤剛 シリーズ構成:木村暢 キャラクターデザイン・総作画監督:滝山真哲 美術監督:わたなべけいと 音響監督:本山哲 音楽:MONACA 音楽制作:DIVEIIentertainment アニメーション制作:XEBEC

キャスト

ニャル子:阿澄佳奈 八坂真尋:喜多村英梨 クー子:松来未祐 ハス太:釘宮理恵 シャンタッ君:新井里美 ルーヒー・ジストーン:國府田マリ子 八坂頼子:久川綾 余市健彦:羽多野渉 暮井珠緒:大坪由佳

脚本:木村暢 絵コンテ:長澤剛 演出:池田重隆 作画監督 小野和美・西谷康史

もう1期1話の鮮烈さは望むべくもないし、演出が平板な時にはパロディ頼みのコメディともノリが合わないことは分かり切っているのだけど、ニャル子の本来の使命とラブコメ的な要素が前面に出てくれば印象は変わってくるのかもしれない、とラストの引きに少しだけ思った。いずれにせよ、過度な期待はしていないが。
1期も最後まで視聴するのが結構しんどかったので、この2期は3話まで視聴してピンと来なければそれまでに。
★★
(各話感想は書かない。評価は視聴完走できれば総感で。)