flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

アキカン! #12(終)「輝く未来にカン杯!」

ミックスと言いながら、レインボーなんたらという技は完全に同化していないことを暗喩しとったんだな。 エマルションみたいな状態か、メロンが言うとおり飲めたもんじゃないな。 メロンのために土下座したカケルちゃんの誠実さに惚れた。 子供の手に負えないところは大人の男屋さんがフォローするところも納得の流れだった。 男屋さん、尋常ならぬ体術はさておき「アキカンと心を通わせることの出来た君達の願いを」って、アキカン・エレクトは、規格の統一はどうするんですか(笑)。 男屋さんもアキカンとオーナーの絆に心打たれたということにしておこう。 
ミクのオーナーが猫だったっていうオチが脱力するほどしょうもなかったのと同時に、オーナーとコミュニケーションが取れなかったミクの孤独の深淵も自然に感じさせてくれたところが最後まで本作らしかった。 それもメロンやエールの境遇、そしてそれを乗り越えたオーナー達との絆がしっかり描けていたからこそ。 カケルのキャラが象徴していたけど、下らなさと真面目さのさじ加減が好みなんだよね。 低予算ダメアニメと言われればそうかもしれんけど、少なくともスタッフに愛されたキャラクター達はとても生き生きとしていた。 とても爽やかな視聴後カン。
成田紗矢香さん(コスプレ良かった!)、のみこさん、そして大久保藍子さん(笑)もお疲れ様でした。
★★★☆