flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

戦国BASARA弐 #11「覇走豊臣大本体! 本気の慶次、断腸の抜刀!!」

ラス前に相応しい今シリーズ空前絶後の大盛り上がりで、Bパートは鳥肌が立ちっぱなし。猿飛佐助とかすが両名による片倉小十郎の救出劇がやや弱かった事を除けば、今までの仕込みが華麗に花開いていく名場面の連続が圧巻だった。
赤川元保竹中半兵衛の間者と見抜きつつ利用した毛利元就は、豊臣秀吉かませ犬ではない存在感を見せ付けてくれた。大阪城で反乱を起こした長曾我部元親の家臣たちに慈悲深い主君との絆を想う。使命との狭間で主君上杉謙信を気に掛けるかすが。戻ったばかりの小十郎を信頼して見送った伊達政宗。貸しを返してもらうべく、再び半兵衛の前に現れた小十郎。不戦を貫いた前田慶次に答えを示してくれそうな真田幸村の成長と覚悟。小十郎の貸しに慶次の無念を上乗せして秀吉にぶつけようという政宗…。登場人物たちのさまざま想いが平行線を辿ったり拮抗したり交錯していく景色は、まさに戦国と呼ぶに相応しい。これだけの人物のドラマをこれだけの短時間にこれだけの高いテンションで纏め上げた脚本と構成に唸らせられた。
一瞬にして敵を溶解した毛利の要塞「日輪」の主砲がもたらした静かなる戦慄の禍々しさが、元就のキャラクターそのものだったのも上手かった(長曾我部アニキ「富嶽」の景気のいいドッカンドッカンとはあまりにも対照的。見事なまでのビフォーアフターだ)し、薩摩には忠勝ロボ(?)みたいのも出てきて、最終話まできっちり楽しませてくれそうだ。
でも1クールで終わってしまうのか…。もったいないなあ。
★★★★☆