flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

神のみぞ知るセカイ #7「Shining Star」

中川かのんが桂木桂馬に対して抱いたはずの好意は最後まで伝わりにくかったので、かのんが一人で悩んで一人で立ち直ったように思えた。むしろかのん視点だと、桂馬が彼女にとってのアイドルというか救世主のような逆転現象。相手がアイドルということもあって、今までのエピソード以上にゲームのプレーヤーとヒロインという感触を体現していたのは面白かった。
桂馬と決別したかのんがステージに立ち、そのままEDという流れは、演出の力技もあってちょっと感動的だった。立ち直ったかのんを確認して、黙って会場を中座した桂馬も有り得ないほどカッコ良すぎる。かのん一人によるエピローグも、余韻を壊さないもので好ましかった。
★★★