flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

フリージング #3「Accelerating Turn」

前話まではサテライザーにつきまとうカズヤを鬱陶しく感じる事もあったけれど、寡黙なサテライザーがカズヤに惹かれていく描写は意外や丁寧なもので、カズヤのピンチにサテライザーが怒りを露わにした場面はかなり盛り上がった。サテライザーは学園内で爪弾き者だからこそ、そんな彼女を偏見無く受け入れたカズヤに心を開いたというのはまあ王道パターンではあるんだが、見せ方が上手いのだろう。女王様タイプである神無月ミヤビのチープなキャラ造型がサテライザーの引き立て役になっていたのも、主役コンビにフォーカスする割り切った構成。
★★★