flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

2011冬調査(2010/10-12月期、終了アニメ、29作品)

アニメ調査室(仮)さまで開催中の標記調査に参加。
評価基準 S : とても良い(第3回より追加)、A : 良い、B : まあ良い、C : 普通、D : やや悪い、E : 悪い、F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)、x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)、z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)
01,刀語,D
02,屍鬼,x
03,海月姫,F
04,咎狗の血,x
05,アマガミSS,B
06,えむえむっ!,x
07,うちの3姉妹,x
08,侵略! イカ娘,A
09,ヨスガノソラ,C
10,アイアンマン,A
11,心霊探偵 八雲,D
12,ぬらりひょんの孫,F
13,伝説の勇者の伝説,D
14,おとめ妖怪 ざくろ,A
15,神のみぞ知るセカイ,C
16,薄桜鬼 碧血録 (2期),C
17,もっと To Loveる (2期),F
18,それでも町は廻っている,C
19,そらのおとしものf (2期),A
20,Fortune Arterial 赤い約束,x
21,ロビンくんと100人のお友達,x
22,百花繚乱 サムライガールズ,B
23,探偵オペラ ミルキィホームズ,x
24,荒川アンダー ザ ブリッジ×2 (2期),x
25,トランスフォーマー アニメイテッド,x
26,パンティ&ストッキングwithガーターベルト,F
27,俺の妹がこんなに可愛いわけがない (TV放送分),D
28,夢色パティシエールSP プロフェッショナル (2期),x
29,ひだまりスケッチ×☆☆☆ 特別編,B

(以下、自由記入)

{追加評価} (自由記入、第16〜18回調査に参加している方)
18-05,黒執事II (2期),B

{総評、寸評など} (自由記入、引用する場合あり)
01,刀語,D:登場人物同士の掛け合いが放送時間もあいまって冗長に感じられてしまって、良く作りこまれたアクションと乖離しているようだった。
02,屍鬼,x:BSフジで視聴中。
03,海月姫,F:視聴時間に窮したのと、好みに合わない部分もあったので3話で切り。
05,アマガミSS,B:主人公固定のオムニバス形式で観易かったし、扇の要となる主人公・橘純一も好感が持てる人物だった。序盤は「変態紳士」のイメージが先行してしまったけれど、主人公がヒロインの様々な事情を受け止めることで恋愛を成就させるという真面目な作りだったのが好印象で、爽やかな視聴後感を残してくれた。ヒロインズはあくまでも相手役であり、全体としては橘さんの物語という印象。
08,侵略! イカ娘,A:「イカ娘」の稀有なキャラクターの表現に全力を注いだ、水島努監督を始めとするスタッフの志の高さに敬意を。主人公、サブキャラともシンプルな造型だからこそ伝わってくるものがある。
09,ヨスガノソラ,C:原作のルート分岐をアニメに取り入れた斬新さ、それも奈緒編と穹編のリンクなどで巧みに活かしていた構成は評価するし、カットアップ風コンテワークや音楽による叙情的な演出も冴えていたが、露骨な行為の描写だけは抵抗があった。
10,アイアンマン,A:パワードスーツの作画やラストバトルは映画版へのオマージュに溢れていたし、映画版よりは若干硬派になっていたもののトニー・スタークの脱力加減もユーモアがあったし、高橋哲也氏によるダイナミックな音楽もすばらしかった。
11,心霊探偵 八雲,D:主人公の成長物語という筋書き自体は一貫していたものの、演出に迫力を欠いていたせいで求心力に乏しかった印象。もう少し良い意味での“ハッタリ”があって良かったかもしれない。
12,ぬらりひょんの孫,F:主人公リクオの昼の顔と夜の顔が繋がらないなど退屈さは如何ともしがたく、5話で切り。
13,伝説の勇者の伝説,D:好みの路線なので最後まで視聴したけれど、スケールの大きな世界観とは裏腹に諸々の設定や伏線が投げっ放しで小ぢんまりとした印象だった。原作どおりとすれば仕方がないが、主人公トリオが絆を深めていくシリアスなエピソードが欲しかった。あと、業界の事情からして困難なのだろうが、こういった戦記ものにはもっと長い尺を与えて欲しい。
14,おとめ妖怪 ざくろ,A:身の丈を弁えたシンプルなストーリーに明快なキャラクター造型のマッチングが素晴しく、クライマックスも見事な大団円で、1クールもののお手本のようだった。
15,神のみぞ知るセカイ,C:中川かのんと汐宮栞の内面を表現したファンタジックな演出が印象に残った。特に汐宮編の“図書館スペクタル”はマングローブの底力を感じたほどに見事だった。
16,薄桜鬼 碧血録 (2期),C:新選組と羅刹という「滅び行くもの」を重ね合わせた悲劇的な演出がスタイリッシュだったけれど、美しすぎて引っ掛からなかった印象もある。
17,もっと To Loveる (2期),F:サービスシーンのエスカレートと比例したヒロインズの主人公に対する暴力ツッコミに耐えられず、4話で切り。
18,それでも町は廻っている,C:表面的には庶民的な世界観ながら、ホラー、ミステリー、SFまでも包括した闇鍋設定に無理を感じないのは、やっぱり良い意味でルーズな世界観の間口の広さ故か。だからこそ、エピソードによる出来不出来のバラツキが大きかった印象もある。垢抜けない喫茶店をスタイリッシュに演出したハイセンスなOP映像や、往年のパール兄弟のセンス全開のED曲、ROUND TABLEによるユーモラスでキャッチーな音楽がすばらしかった。
19,そらのおとしものf (2期),A:智樹が暴走するコメディパートには食傷してきたけれど、日常からバトルまで三人のエンジェロイドの設定を上手く使った作劇がツボを押さえていた。彼女らを精神面で支える智樹の器の大きさ、実務面で支える英四郎の切れ者ぶりと、男性陣の魅力も大きい。
20,Fortune Arterial 赤い約束,x:AT-Xで視聴中。
22,百花繚乱 サムライガールズ,B:メインヒロイン十兵衛の掘り下げの甘さと最後の扱いそしてクライマックスの圧縮展開に不満が残ったものの、主人公を軸としたサブヒロインたちとその主従の絆の表現が鮮やかだった。シンプルな設定とストーリーだからこそ描けるものがある。
23,探偵オペラ ミルキィホームズ,x:AT-Xで視聴中。
26,パンティ&ストッキングwithガーターベルト,F:どぎつい設定と演出とは裏腹な退屈さを禁じ得なかったので、4話で切り。
27,俺の妹がこんなに可愛いわけがない (TV放送分),D:脚本はテンポが良いし作画も良好だしでクオリティ的には申し分無かったのだが、桐乃の傍若無人ぶりが耐え難かった。
29,ひだまりスケッチ×☆☆☆ 特別編,B:人気作品らしい安定感は単発の特別編だからこそ良く分かる。夏目さん大プッシュで楽しかった。
18-05,黒執事II (2期),B:スタイリッシュでシアトリカルな演出にユーモラスな毒を僅かに混入させた世界観は他作品とは異質なもので、それだけで視聴に値する。アロイスとクロードという主人公主従と対になるキャラクターを序盤から据えたおかげで、やや散漫だった1期より引き締まっていた印象。