flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

フリージング #4「Tempest Turn」

サテライザーを敵視する「秩序の守護者」ことイングリッド=バーンシュタインとの決闘。
アクションの尺が多めながらも、過不足無くキャラクターのバックグラウンドを入れてくれるのでバトルの一挙一動に感情移入できる。カズヤに戸惑いながらも惹かれていくサテライザーの微妙な変化も丁寧に拾われており、出会っていきなり契約というスピード設定が目立つ他作品群にあって、主役二人の控え目な佇まいがお色気満載のあざとい描写とは裏腹に好感が持てる。あと瞬間風速的だったけれど、イングリッドトンファーを振るう目まぐるしい動画が見所だった。能力属性の演出も冴えていたかと。
★★★☆