flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

フリージング #11「Ambush! Ravensborne Nucleochede」

お互いに因縁のあるサテライザーとカズヤとキャシーの三者を、「聖骸」死守の極限状態で組み合わせて契約に持っていくのだろうと期待していたんだが…。
サテライザーは孤立無援だった内面をカズヤに癒されてきたはずだし、カズヤは姉への尊敬がサテライザーへの思慕に変わって行ったのだろうと想像していたので、カズヤの「大切なものを守りたい!」でサテライザーのわだかまりが解けた展開には拍子抜け。ハーレム物じゃないんだから、正々堂々と両者の恋愛感情で落としどころをつけたほうが視聴者の共感を得やすかったのではと思う。あと、サテライザーの精神力とカズヤの優しさを知るキャシーが二人の仲を取り持つ展開も予想したんだけれど、これは最終話待ちか。
何よりも、サテライザーの決心をモノローグで説明してしまった演出は、今までの積み重ねが台無しになるほどニュアンスに乏しかった。「貴方の中のお姉さんもひっくるめて貴方をもらいます」ってか。うーん…。
★★☆