flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

テガミバチ REVERSE #19「悪意でなく、憎悪でなく」

相変わらず脚本も演出も平板なので、ベクトルは違えども「憎悪」を拠り所とするザジとジールの平行線を目の当たりにしてラグが迷いを吹っ切る流れは、頭では理解できても画面からは体感できなかった。1期から同じ事を書き続けている気がするけれど、彼にはもう少し高い“壁”を用意してあげたほうが感情移入しやすいのではないだろうか。あと、「憎悪」に囚われつつも義理堅いザジとジールの共通性など、もう少し掘り下げればラグの覚醒まで含めて見応えのあるものになりそうだけれど、どこか舌っ足らずというか淡白なんだわな。
★★