flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

STAR DRIVER 輝きのタクト 総評

22話「神話前夜」で結晶化させたシアトリカルな世界観は面白かったし、そんな設定を活かしたタウバーンの“不殺”の戦い方も、あまりの様式美にスリルこそ乏しかったけれど新鮮ではあった。
「青春を謳歌」ってのは本作ゲーム版CMでの決め台詞だけれど、眩しいほどに「青春」を前面に出したタクトを中心とする人物描写は、ヒネた年寄りには正直キツ過ぎる部分があった。あと、スガタの内面は分かりにくかったし、ワコの魅力も掴みにくかったしで、メインキャラクターたちは正直ピンと来なかったな。キャラクターデザインも好みから外れていたし。そんな中で個人的に惹かれたのはシモーヌ、ミズノ、マリノで、全体を振り返ってもヨウ姉妹のエピソードが一番感情移入できたように思う。
多くのサイバディの根源である「リビドー」を跳ね返し続けたタウバーンの根源は、差し詰め「希望」といったところだろうか。ただそれも、最終話でリョウスケが語ったとおり“若者限定”と表現される青春賛美ぶりに、幾許かの疎外感を覚えてしまった。
世界観も含めた完成度の高さは理解できても、前述の理由で没入できない部分があったことを白状。続きが観られなくてもあんまり惜しくは無い…かな。
キャストではワコ役・早見沙織さんの新たな一面が聴きどころだった。最終話の熱演など、持ち前の端整さ上品さに力強さが加わったようだ。
★★★