flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

TIGER & BUNNY #1(新)「All’s well that ends well.(終わりよければすべてよし)」

崖っぷち中年ヒーロー奮闘記というコンセプトは珍しいものではないし(ベクトルは違うが映画版『アイアンマン』もそうだった)、価値観の違う若者とコンビを組まされるパターンも然り。作中のヒーローたちに実在のスポンサーがつくという設定だけを取れば斬新かもしれないけど、それはすなわち大企業に翻弄される雇われヒーローたちの悲哀のメタファーなのかもしれず、これも王道のテーマだろう。近未来都市の煌びやかな摩天楼を舞台に、観客相手に実況付きのバトルが繰り広げられるという世界観は、『バスカッシュ!』を思い出した。ヴィジュアルの精緻さに関しては文句ないので、あとはどれだけストーリーで魅せられるかだな。スタイリッシュさだけが突出したような印象のこの初回は琴線に触れる部分が希薄だったので、2話以降に期待。
本作もオリジナル作品なので、余程のことがない限り完走する予定。
★★☆