flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

DOG DAYS #2「はじめての戦!」

勇者シンクもミルヒオーレ姫もレオンミシェリ閣下も、みんな笑顔が良い! 戦争など“命のやり取り”をする作品で、戦闘中に笑みを湛えているキャラクター(戦闘狂みたいなタイプは除く)に違和感を覚えることが結構あるけれど、本作は「人が死んだり怪我したり」しない設定が明かされているので、活き活きとした笑顔の数々がとても爽やかに感じられる。私的には、君主ならではの高圧的な物言いが可愛らしくさえ思えてくる、レオンミシェリのキャラクターがイチオシ。小清水亜美さんのケモノ耳ロングヘア少女役は、さすがに堂に入っているけれど、ネコ系は意外や始めてかもしれん。
アクションもさることながら人物作画が良好なおかげで、キャラクターたちの一挙一動がとてもヴィヴィッドで目に楽しいこと。全体的に甘ったるい雰囲気や私的に辟易しているラッキースケベ→女子から制裁のお約束など気になる部分も無いではないが、今のところは長所が補って余りある。
★★★☆