flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

X-MEN #4「Transformation−二次変質」

グリグリ動き回る大胆な構図もさることながら、暗くて何が起こっているか分からないアクション演出に、同じ木崎文智監督の『バジリスク甲賀忍法帖〜』を思い出してしまう。トッドにとどめを刺す際のX-MENの連携からトッド視点で彼の機能が止まるまでのシークエンス、そして空中でのウルヴァリンとミュータント青年のバトル(『ウルヴァリン』のED曲を流す演出が憎い)と、アクションのスピード感はさすが。
エマと久子をエクゼビア機関に誘導したビーストそしてプロフェッサーXが何となく怪しいように見えたんだが、ラストのやり取りや次回予告からすると取り越し苦労だろうな。作劇上キャラクターの立場や責任がはっきりしているので、ストーリーに自然と軸ができるのは良い。
★★★