flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

DOG DAYS #6「星詠みの姫」

レオに伏線が示されていたので意外さはなかったけれど、序盤の明るさはダミーでしたとばかりの重い展開はやや微妙。もっともそれこそがミスリードで、クライマックスは大アスレチック大会になりそうな予感もするのは、2話のインパクトが尾を引いているからか。「星詠み」でシンクの事を見てきたミルヒ姫の一途さと、負けて泣いてしまった事を告白したシンクの真っ直ぐさは気持ちが良かったので、彼らの初々しさに相応しい大団円を望みたい。久々登場のレベッカはともかくとして、シンクの「親戚で師匠でライバル」である「ナナミ」が気になるが、追い詰められたレオがガレットの勇者として彼女を召喚する展開になるんだろう多分。
★★