flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

TIGER & BUNNY #8「There is always a next time.(必ず機会が来る)」

折紙サイクロン/イワン・カレリン回。例の「見切れ」ポーズだが、ロゴのアピールというのは表向きで、彼の自信の無さを表していたように思えた。虎徹が何度も繰り返してきた「市民を守る」行為から逃げたイワンを虎徹が矯正する展開が、王道で分かり易い。カリーナのエピソードもそうだったけれど、例え落ちこぼれのロートルヒーローであっても、虎徹は年長者らしくヒーローたちの精神面の支柱なのだな。上下関係を重んじるアニメ作品は意外と少ないので、こういうヒエラルキーはとても好ましい。バーナビーの虎徹に対する態度もすっかり軟化してきて、攻撃を受けた虎徹を心配して駆け寄ったり、「バニー」と呼ばれても怒らなくなったのにはニヤニヤ。今回は虎徹おじさんがカッコ良過ぎてバーナビーじゃなくてもデレるわ。
ベースとなる脚本がとても分かりやすく登場人物たちへの感情移入が容易なので、バトルシーンにもカタルシスが出てきた。チョーさんはまた校長役か。
★★★☆