flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

『メリー』監督レポートをめぐる混乱について

夢喰いメリー』はお気に入り作品なので、簡単だが私見を残しておきたい。

アニメスタイルイベント『山内重保』特集レポートについてのお詫び ワゴンの神様

どんな分野、どんな時代であれ他者の発言の引用と解釈はリスクを伴うものだけれど、今回はユビキタスなネット世界の恐さを思い知らされて怖気がした。でも、自らが起こした混乱と過ちを素直に認め、迅速な事態収拾に奔走された管理人の真摯さは評価したい。
私は作品そのものが監督以下スタッフの志を代弁していると考えているので、今回のようなイベントでの発言の言葉尻を捉まえて一喜一憂したりはしない(ポジティヴな発言はもちろん嬉しいけれども)。何でもそうだが仕事に完璧などは有り得ないので、今回の監督発言は作品に対する誠実さの証だと思う。慣れない萌え作品と格闘された山内監督の手腕と志は、幻想的で抽象的な演出と萌えキャラとのマッチングによる個性的で魅力的な世界観としてしっかり結実していて、同期前後のあまたの他作品を差し置いて私の中に残っているのだから。唯一気になったのは視点が拡散した後半の展開だったので、監督が「尻がどうしてもまとまらなくて」とおっしゃていたのも腑に落ちた。
山内監督、次回作も期待しております。