flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

TIGER & BUNNY #9「Spare the rod and spoil the child.(かわいい子には旅をさせよ)」

セレブリティの子息のベビーシッター役を請け負うヒーローっていう設定に全く違和感がなかったのは、これまでの話で世界観の構築が上手く行っている証左だと思う。あと、前話から変化を匂わされてきたけれど、バーナビーが親の形見のおもちゃの謂れをナチュラルに打ち明けた件が、虎徹への信頼が芽生え始めていることを雄弁に語っていて印象的。ツンデレを単なる属性に留めないところに、脚本担当を始めとしたスタッフの良識を見る。加えて、今回のようなホァン・パオリンのフィーチャーにあっても、彼女に絡めた形で虎徹とバーナビーの物語を着実に進めるステディさもいい。世界観、演出、脚本の全方位にわたってここまで安定していると、ありきたりな褒め言葉しか出てこないね。
ジュースに入っている氷は食べちゃう俺もおっさんか…。
★★★☆