flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

DOG DAYS #11「夜空に花が舞うように」

結局のところ「星詠み」の件は、ミルヒとレオが友情を再確認するための筋書きに過ぎなかった訳か。まあいいけれど…。ただ、主人公シンクの物語に対する影響力の少なさに代表される、視点の拡散による茫洋さは終盤になると気になってくる。パーツパーツはエンターテインメントとして良く出来ているけれど、物語の芯となる部分が希薄というか。あとストーリーとは関係ないが、ミルヒのコンサートが始まった途端にキャラ作画が別人のように変わってしまったのには脱力した。どんな意図があってかは知らないが、美少女キャラの可愛らしさが売りの作品では興をそがれるとしか言いようがない。仮に私が本作のBD/DVDを買う気満々だったとしたら、今回で間違いなく購買意欲が減退するだろう。
★★