flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

神のみぞ知るセカイII #11「いつも心に太陽を」

プロレス会場での純の桂馬に対する呼び方が「きみ」「あなた」「あんた」と変わっていくところが、彼女の不安定な内面を雄弁に表していて目を引いた。やっぱり日本語の二人称って繊細で面白い。桂馬のほうと言えば、その先生を終始「お前」呼ばわりというブレなさで、二人の力関係を表しているようでもあった。先生のお株を奪う理想の押し付けの無理矢理感には苦笑してしまったが、さすが神としか言いようがないと言っておこう。ちひろ編で桂馬の現実に対するスタンスに変化が出てきたけど、今回の締めはそこを引き継ぐ形だった。最終話でどこまで踏み込むのか見届けたい。
★★★