flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

TIGER & BUNNY #13「Confidence is a plant of slow growth.(信頼という木は大きくなるのが遅い木である)」

敵を欺くにはまず味方から。前話の、虎徹がジェイクのバリア能力をビームと勘違いしてバーナビーの信用を失った件が伏線になっていたので、「超聴覚」のミスリードに見事にしてやられた(虎徹おじさんまた勘違いしてやがる、と思ってしまった)。プロット的にも視聴者がバーナビー視点で虎徹を観るように仕組まれていたので、二人に感情移入できやすくなっている。ただ、あっさりと小物に堕ちたジェイクとクリームを眺めながら、シリアスバトル方面にはあまり期待しないほうがいいなと思った。女性の支持が厚いようなので、凄惨な描写は避けるということなんだろう。
最後のミニコーナーで脚本の西田征史さんが「バディ感を別の悦び方で捉えている方もいらっしゃる」のが想定外と仰っていたけれど、今回ラストの“なまえをよんで”みたいな虎徹とバーナビーのやりとりなどは、むせ返るようなBL臭がしてしまったんだが。ひょっとして観ている私が穢れているということなのか?(苦笑)
★★★