flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

日常 #14「日常の第十四話」

展開も演出も後半のスタートに相応しいすばらしい出来映えだった。前半延べ13話で交わることのなかった時定高校と東雲研究所がついに交差した様子は、存外ドライな演出だったからこそグッとくるものがあったし、そんな感傷に対する照れ隠しのようなゆっことみおの大喧嘩のテンションも本作らしかった。特に周囲の空気を変えてしまうほどの大喧嘩のシーンは、本気モードに若干のユーモアを混入させる微妙な(いつもだが)空気感に開いた口が塞がらなかった。あと作画と演出に負けないほど本多真梨子さんと相沢舞さんの芝居もメーターが振り切れていて、役者さんって凄いなあと思わされた。これからの時定高校でのなのとゆっこたちの交流が楽しみだ。果たしてどんなケミストリーを見せてくれるのか。
★★★★