flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

異国迷路のクロワーゼ The Animation #1(新)「入口 "Entrée"」

原作未読。
内気だけど気丈そうな日本人少女のパリの看板店への奉公物。『オーバン・スターレーサーズ』、『バスカッシュ!』でお馴染みのロマン・トマ氏を始めとする三人のフランス人(多分)スタッフが美術設定に関わっているおかげか、19世紀の巴里の街並みを再現した背景美術の美しさは一見の価値あり。ただ肝心のストーリーは、湯音を毛嫌いしていたはずのクロードが彼女を受け入れるまでの変化が唐突に感じられて入り込めなかった。湯音のクロードに対する態度も不自然すぎるほど従順だったけれど、こちらは過去に何らかの伏線があるような気がするが…(彼女が仏語を理解していた件が引っ掛かったので)。シリーズ構成の佐藤順一さんが仕切っているとすればさほど奇天烈な方向には行かないと思うので、三話まで観て判断するつもり。
★★☆