flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

アスタロッテのおもちゃ! 総評

ヒロインの後宮候補(想い人)が自分の母親との間に娘を設けていて、その娘がヒロインの親友になったといったきわどすぎる人間関係や、サキュバスの性質と男嫌いという矛盾した属性の共存など、如何様にも面白くできそうな設定面に深く切り込むことはなかったけれど、登場人物たちの交流を優しい筆致で描くという基本姿勢だけで佳作になったと思う。作画も良好だったし構成も丁寧だったしキャスト陣も良かった。ただ話の流れ的に、直哉のライバル役であるシグルドは必要性がなかったような気がする。あと女性陣は概ね好感が持てる性格だったけど、ロッテだけはどうにも苦手だった。ほとほと釘宮声ツンデレヒロインとは相性が悪いようだ(釘宮さんの芝居が苦手なわけではない。念のため)。
★★★