flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

夏目友人帳 参 #1(新)「妖しきものの名」

原作未読。テレビシリーズ1〜2期視聴済。
村井さだゆき脚本×篠原俊哉絵コンテ×大森貴弘演出回。
前期までのおさらいをしつつ、貴志とレイコを結び付ける妖怪・アオクチナシの過去と現在を描く定番的パターン。のっけから婆さん妖怪がゲストキャラっていう地味さとは裏腹に、二人を知る妖怪をブリッジに亡き祖母の孤独をその孫が癒して開放するという、相変わらずの筋書きがしみじみ美しい。レイコがアオクチナシを妖怪と知り落胆しつつも木の悪霊を祓ってあげたのは、おそらく人間にも妖怪にも交われない者同士という共感ゆえで、そんな祖母の内面に想いを馳せる孫の真摯な佇まいに泣けた。
押し付けがましさのない独特の清涼感は得難いもので、暑さに参っているこの時期、『異国迷路のクロワーゼ』とともに避暑アニメとして楽しませてくれそうだ。
★★★