flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

BLOOD-C #2「きみがため」

OP映像や三荊学園の制服に象徴される黒と赤のツートンこそが本作のコンセプトなのだと、グラデーションのない日常と非日常の共存に思わされた。日常でのボケボケな小夜と「古きもの」を倒す精密機械のような小夜を無理やり同居させているパターンがシンプルなだけに力強い。色使い同様にメリハリのある展開にもスタイリッシュな様式美が感じられてキャッチーだ。あと最近の作品に多い小難しい設定説明がほとんどないのもいい。歌を口ずさんで歩く姿など主人公の印象的な芝居付けに尺を割いているおかげで、観る者は彼女の陽と陰を中心とした作品世界に引き込まれる。
★★★☆