flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

輪るピングドラム #2「危険な生存戦略」

初回は視聴するこちらも出方を窺っていたような態度だったけれど(二回繰り返して視聴した)、気持ちの準備が出来たこの2話目は早くもエンジン全開といった感じ。荻野目苹果の正体開陳のある意味ヘヴィな展開を、外道過ぎて笑えるペンギン1号と2号のユーモラスな所作が中和していて、カオスなようでいてバランスが図られているように感じられた。タイプの全く違う兄弟二人が、妹を守りたいという目的だけのために力を合わせる姿もいい。兄弟の描き分けは上手いんだけど、頭脳明晰で行動力がある兄に、引っ込み思案だけど博愛主義な弟というありきたりな組み合わせは何とかならんものか。「生存戦略しましょうか」のバンクは映像、音楽ともに最高で、最後の兄弟の呆気にとられた表情が視聴者を代弁したようで上手い。作画を含めた演出、意外性のある展開、表面的な意匠とは裏腹に明快な脚本と、総合的な面白さは今期暫定トップ。
電車の吊り広告が痴漢冤罪(まあどちらかというと美人局的だったけど)を礼賛しているように見えて一瞬胸糞悪くなったんだが、あれは冤罪がまかり通る世相を皮肉っていたのだと都合よく解釈する事にする。
★★★★