flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

うさぎドロップ #6「わたしの木」

ありきたりな日常を綴るだけの世界観なのに、初回からまったく退屈させられる瞬間がないのは、第一に大人も子供も登場人物たちの表情や所作がヴィヴィッドだからだろう。あと「ありきたり」と書いたけど、それはアニメ作品をファンタジーとして捉えた場合の文脈であって、りんにとっても大吉にとっても毎日の親子生活が必死であるからこそ、新鮮な驚きに満ちているわけだ。そんな主人公たちの感覚を視聴者に自然と共有させる演出の巧さは、まったくお見事というほかない。もっとも、りんは小学校入学し立てにしては大人っぽすぎる気がするけれど。
★★★☆