flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

TIGER & BUNNY #19「There’s no way out.(袋の鼠)」

マーベリックの台詞「NEXTへの偏見が世間にまだ色濃く残っていた」は、前話のクリームの過去話のとおり。で、楓がバーナビーに夢中なのは、あるいはNEXTの能力が発現しても父親や祖母の変わらぬ愛情を受けているのは、マーベリックの思惑通り「HERO TV」のおかげでNEXTが市民権を得たからだろう。前話の感想で本作の世界におけるNEXTのあり方について触れたけど、どうやら彼らを取り巻く状況は汎世界的なものだったらしい。マーベリックのやり口はジェイク以上に狡猾だが、結果的にNEXTの少年少女たちに恩恵をもたらしているように見える。そんな背景とバーナビーの仇討ちとの間に、どう折り合いをつけるのかが見どころ。
主人公二人を異なる位相から追い込む展開になったけど、下手に他のヒーローズを絡めたりせず、虎徹とバーナビーへのフォーカスが終始ブレない脚本に、本作のコンセプトを再確認させられた。
★★★