flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

BLADE ブレイド #8「永遠の黙示録」

ウルヴァリンに続く美影桔梗の登場で、マーベルシリーズ(『ウルヴァリン』だけだが)のオールスター的な様相を呈してきた。『ウルヴァリン』を視聴したファンに対するサービス演出なのかもしれないが、本作に華やかさは似合わないと思うので、前話と同様に微妙な印象は否めなかった。もっとも仄聞したところによると、アメコミにはスターシステム的な要素があるそうなので(「御影」が「美影」に変わっていたのがそれっぽい)、私の感想のほうがお門違いなのかもしれない。まあそれを差し引いても、メインとなるべきブレイドとマコトの存在感が薄すぎる気がする。
銃を一切使わない回だったからなのか、忍者軍団や桔梗との剣戟戦は良く動いていて見応えがあった。それと、最期を迎えたキャラクター(スタン)が先に亡くなった(たぶん)家族の許に戻る演出は、定番だけれどかなり好き。『ガン×ソード』のレイ・ラングレンとか思い出す。
★★☆