flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

うさぎドロップ #9「たいふうがきた!」

イムリーすぎるネタでちょっとだけ戦慄。こちらは12号じゃなくて13号だったが。
コウキ母子の来訪が7話の春子母娘の来訪と対になっていて、台所仕事などいろいろと比較するのが楽しい。泊まっていった春子とその日のうちに帰ったコウキママには、それぞれの大吉との距離感の違いが表現されていたと思う(まあ前者は「家出」だったんだが)。あるいは春子よりはコウキママのほうが、シングルマザーゆえの覚悟が座っていたとも取れる。頑張るお父さんたちやお母さんたちに触れていく内に、大吉にも育ての親としての自覚が芽生え、相対的に今回は登場しなかった正子の異物感がくっきり浮かび上がってくる。描きたいものが明確な作品は強いなあと思った。抑制された演出が脚本に寄り添っているのもすばらしい。
★★★★