flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

異国迷路のクロワーゼ The Animation #11「祈り "prière"」

主人公二人が過去のトラウマを共有することで乗り越えて互いの絆を深める…という、普遍的ながらもアニメでは意外と珍しいクライマックスになりそう。恋愛ではなく(まあ湯音の年齢からして相応しくないが)、それぞれが抱えている心の傷に焦点を当てたのは、国境や文化の違いを超えた人々の繋がりを描こうとする本作らしい。湯音とクロードを柔らかい言葉で導くオスカーの存在が頼もしくそして温かい。某作品の女将のような不快な鉄拳制裁など不要だ。物語における大人の存在はかくあるべし。
5年後くらいにNHK衛星で再放送してもおかしくない作風だと思っていたけれど、今回やや不適切な描写があったような(苦笑)。
★★★☆